NIS180821007_TP_V
1: 納豆パスタ ★ 2019/08/18(日) 00:17:35.50 ID:m/q7X/nz9
雌ライオンが生まれたての子2頭を食べる ドイツの動物園「悲しいお知らせ」
ライプツィヒ動物園は8月6日、この悲劇的な事実をFacebookで発表した。
ハフポスト日本版編集部 2019年08月17日 16時44分 JST
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d57a6a7e4b0d8840ff37e44

ドイツの動物園が生まれたての子ライオン2頭の死を悼んでいる。死んだ原因は、雌ライオンが食べてしまったことだという。

ライプツィヒ動物園は8月6日、この悲劇的な事実をFacebookで発表した。

https://uploader.xzy.pw/upload/20190818000725_4d3273695a.jpg
https://www.facebook.com/ZooLeipzig/photos/a.193158450703018/2663299833688855/?type=3

ドイツ語の発表文によると、雌ライオンの「キガリ」は、この2頭の子ライオンたちをよく世話していたようだった。しかし、突然食べてしまったのだという。

そして、さらにこの事実がより悲劇なのは、子ライオンたちが、この動物園で15年ぶりに生まれた赤ん坊だったということだ。
https://cdn.cnn.com/cnnnext/dam/assets/190808095857-leipzig-zoo-lioness-cubs-exlarge-169.jpg
https://edition.cnn.com/2019/08/08/europe/germany-lioness-eats-cubs-zoo-grm-scli-intl/index.html

キガリは隔離され、子どもたちの父親だったマヨと一緒にいるという。

雌ライオンは、生まれた子どもたちが病気だったり障がいがあったりする場合に殺すことがあることが知られている。病気の有無などについては食べられてしまったためにわからないと動物園の担当者はFOXニュースに語っている。

動物の行動について詳しい専門家は、CNNの担当者に対して、飼育下にある動物は、野生の動物よりも子供を食べてしまう可能性が一般的に高いことが知られていると語った。

「一般的な乳児らしくない動きをする場合、乳児として認識されず、母性本能が作動しないことがある」という。

飼育されているというストレスでも子供を食べてしまう可能性は高まるが、それが直ちにこの動物園に問題があるとは言い切れないという。「再発するかどうかをチェックし、しない場合は母親である雌ライオンの経験不足や、子供の健康上の問題である可能性が高くなる」と専門家はコメントしている。

【【ドイツ】動物園「悲しいお知らせ」雌ライオンが生まれたての子2頭を食べる 病気で動きが赤ちゃんらしくないと食べることも 】の続きを読む

MMK_keitaiwoijiruseinen_TP_V4
1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [EU] 2018/11/14(水) 15:56:27.30 ID:ThSgxwu70 BE:422186189-PLT(12015)
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
2018年10月よりKickstarterプロジェクトが立ち上げられていたVR歩行デバイス「Cybershoes」の
クラウドファンディングキャンペーンが、目標額の7倍を上回りながら終了しました。

https://www.gamespark.jp/imgs/zoom/266989.jpg

このデバイスは、回転椅子に座りながら使うというアイデアでコストの削減とユーザビリティの高さを
実現したVRフットウェア。これを使うことでVRゲーム内での歩行を少ない負担でよりリアルな体験を
伴うものにすることが可能で、キャンペーンページでは実際にこれを使用しながらゲームをプレイする
様子を収めた映像などが確認できます。

https://youtu.be/ghP7I2luZXo



https://www.gamespark.jp/article/2018/11/04/85041.html

【VR業界に革命、笑っちゃうくらいシンプルな歩行デバイス「Cybershoes」がKickstarter成功 】の続きを読む

tv_boy_tooku
1: かばほ~るφ ★ 2019/09/01(日) 19:24:56.54 ID:yRmOnIlc9
大音量アニメ 近所からの指摘に模造刀で「殺すぞ」
2019/9/1 19:05

模造刀を振りかざして脅迫したとして、兵庫県警豊岡南署は1日、暴力行為法違反の疑いで、
豊岡市の無職の男(57)を現行犯逮捕した。
 
逮捕容疑は同日午後2時半ごろ、近所の男性(50)に対して模造刀を振り上げ、
「殺すぞ」などと脅迫した疑い。調べに対して、「模造刀を振り上げて脅迫していない」と否認しているという。
 
同署によると、男は自宅で窓を開けてアニメを大音量で見ていたことを、
斜め向かいに住む男性に指摘されたという。模造刀の刃渡りは約46センチ。

神戸新聞NEXT
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201909/0012660484.shtml

【【兵庫】窓を開け大音量でアニメを見ていた57歳無職の男、近所からの指摘に立腹 模造刀振り上げ「〇すぞ」、暴力行為法違反の疑いで逮捕 】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(栃木県) [KR] 2018/11/23(金) 10:05:11.65 ID:LjX+tbCx0● BE:886559449-PLT(22000)
「ブルーライトカットメガネは必要なく、デバイスのナイトモードで十分」という主張

PCやスマートフォンのディスプレイから発せられる光には、「ブルーライト」と呼ばれる
長時間見続けると目に悪影響を及ぼす光が含まれています。そんなブルーライトをカットする
「ブルーライトカットメガネ」といった商品も数多く登場していますが、「ブルーライトが悪影響を及ぼす
明確な研究結果はなく、もしブルーライトをカットしたくてもデバイスをナイトモードにするだけで十分。
特殊なメガネは必要ない」という主張がThe Atlanticで展開されています。

多くの消費者は「ブルーライトがPCやスマートフォンの画面からのみもたらされる」と信じていますが、
実際のところブルーライトはディスプレイよりも自然の太陽光に多く含まれます。「日中の屋外で
降り注ぐ太陽光には、PCやスマートフォンの画面を8~10時間見続けた場合の200倍近いブルーライトが
含まれています」とGordon氏は述べ、もしもブルーライトが目にとって有害なのであれば、デスクワーカーよりも
屋外で働く労働者や屋外スポーツをする人の目に大きな悪影響が及んでいるはずだとしています。

また、インディアナ大学医学部教授のRaj K. Maturi氏はブルーライトにはいくつかの利点があると
語っており、「屋外でブルーライトを目にすることで子どもの近視が防がれる」「睡眠をもたらす
ホルモンであるメラトニンの分泌を防ぎ、日中にいきなり眠くなってしまうのを防いで睡眠サイクルを正常に
保つ」といったブルーライトのメリットを挙げています。

その上でMaturi氏はブルーライトカットメガネの有効な利用方法として、「夜間にPCやスマートフォンを
見る時にブルーライトカットメガネを着用することでメラトニンの分泌が妨げられずに済むため、
夜にちゃんと眠ることができる」というものを提案しています。しかし、昼間にブルーライトカットメガネを
着用する正当な理由はなく、夜間にメラトニン分泌を妨げないという目的においても、デバイスを
ナイトモードに切り替えるだけで対処可能だとのこと。

https://gigazine.net/news/20181122-bogus-science-behind-blue-light/

【専門家「ブルーライトカット眼鏡は日中にはむしろ悪影響で、寝るときもデバイスのナイトモードで十分」 】の続きを読む

fd400139
1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/05/10(金) 16:57:39.14 ID:CAP_USER
・2010年発売の「ポテトの手」に、新機能が……!

 タカラトミーアーツが、“ポテチ専用デバイス”「スマートポテトチップス」を6月29日から発売します。本当に「デバイス」と呼んでいいのか不安ですが、要は「ポテチをつまめるマジックハンド」です。手を汚さず食べられるわ、持ち手の端はタッチペンに使えるわ、まさにスマホ時代の要求に応えた神器(過言)。

https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo01.jpg
油で手を汚すことなく食べられます
https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo02.jpg
ひっくり返せばタッチペンに。スマホいじりのおともに

 2010年発売の「ポテチの手」(関連記事)にタッチペン機能を加え、現代風にリニューアル。
写真で解説する「ポテチの手」 (1/2) - ITmedia NEWS
https://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1006/21/news015.html
今回はカルビーとコラボレーションしており、同社製品をデザインにとり入れた「ピザポテトVer.」「うすしお味Ver.」「のりしおVer.」「コンソメパンチVer.」の4種類をラインアップしています。価格は各1280円(税別)。

https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo03.jpg
https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo04.jpg
ピザポテトVer.

https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo05.jpg
https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo06.jpg
うすしお味Ver.

https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo07.jpg
https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo08.jpg
のりしおVer.

https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo09.jpg
https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo10.jpg
コンソメパンチVer.

 旧機種同様、「対象物破損防止クラッチ機構」(割れないようポテチをつまむ)や「指先机上非接触機構」(指先が机などに触れないよう設けられた突起)など、名称が大仰な仕組みを採用。指先を左右に動かし、粉を落とすようなしぐさをさせられる「疑似指先クリーニング機構」も健在です。

https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/l_kutsu_190510smapo11.jpg
内容は地味だけど、名前はものすごい

関連リンク
公式サイト
https://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/smartpotatochips/

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

2019年05月10日 14時53分 公開
ねとらぼ
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/10/news093.html

【【新製品】ポテチ食べながら指を汚さずスマホ操作 タカラトミーのポテチ専用デバイス「ポテチの手」が進化 】の続きを読む

PAK85_niwatorisan20141223120633_TP_V
1: ニライカナイφ ★ 2018/12/24(月) 15:03:21.10 ID:CAP_USER9
翼や頭部に鳥のような「羽毛」が生えた小型の翼竜の化石が、中国で見つかった。
鳥の遠い祖先の小型恐竜などはフサフサの羽毛に覆われていたことが知られているが、絶滅した空を飛ぶ爬虫(はちゅう)類の翼竜にも、原始的な羽毛を持つものがいたことになる。

なぞが多い羽毛の進化や役割の解明などに役立つ発見と期待される。
中国科学院などの研究チームが科学誌ネイチャーエコロジー&エボリューションに18日、発表する。

研究チームは、中国河北省の約1億6千万年前(ジュラ紀)の地層から出た小型翼竜2体(翼を広げた大きさで推定約40~45センチ)の化石を詳しく調べた。
化石は保存状態がよく、体表に細い繊維状のものが生えていた痕跡があった。

コウモリのような皮膜のある翼などに生えていた繊維は、1本が途中で細かく枝分かれするなど原始的な羽毛の特徴を備えていた。
研究チームは、「羽毛」が空を飛ぶことや体温の保持などに役だった可能性があるとみている。

国立科学博物館の真鍋真標本資料センター長は「鳥類は飛ぶために体が軽く体温を保持しにくいが、
羽毛のおかげで体温を一定に保てる『恒温動物』になっている。体の軽い翼竜にとっても、羽毛のような構造をもつことは、体温を保持する上で重要だったのかもしれない」としている。

(写真)
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20181217003808_commL.jpg
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20181217003809_commL.jpg

https://www.asahi.com/articles/ASLDG3TC0LDGULBJ004.html

【【古生物】爬虫類の翼竜にもフサフサの羽毛 中国で化石見つかる(画像あり) 】の続きを読む

CKL_kyouryuunohyouhon_TP_V
1: しじみ ★ 2019/07/13(土) 17:55:17.30 ID:EPfM/ga+9
平成25年7月、北海道むかわ町穂別に分布する上部白亜系函淵層の海成層から、13個の尾椎骨化石が発見された。その後の発掘で、この恐竜化石は全身骨格であることが明らかとなり、通称「むかわ竜」と呼ばれるようになった。

 むかわ竜は、全身のおよそ 6 割の骨(頭骨・肩帯・前肢・胴椎骨・腰帯・大腿骨・尾椎骨)が揃っており、大型恐竜としてこれだけ骨が揃った全身骨格化石は本邦初。そして今回、北海道大学総合博物館の小林快次教授を中心とする研究グループは、むかわ竜について骨の比較研究、系統解析、組織学の研究を行い、むかわ竜が固有な特徴を持つ新属新種の恐竜である可能性が極めて高いことを明らかにした。

 骨化石を岩から取り出すクリーニング作業を終えてから、北海道大学、むかわ町穂別博物館、岡山理科大学、米国ペロー自然科学博物館、筑波大学、モンゴル古生物学地学研究所、東京学芸大学の共同研究によって作業が進められた。むかわ竜には、華奢で細い前あしや、背骨(胴椎骨)の上に伸びる突起(神経棘)が大きく前に傾いているなど、他の恐竜には見られない固有の特徴が多くみられ、比較研究の結果、親族新種の恐竜である可能性が極めて高くなった。系統解析を行ったところ、むかわ竜はハドロサウルス亜科のエドモントサウルス類(族)に属すことが判明し、さらにその中でも中国のライヤンゴサウルスとロシアのケルベロサウルスに近縁であることがわかった。

 後ろ足(脛骨)の骨内部の組織学分析からは、むかわ竜が9歳以上の成体であることがわかった。また、上腕骨と大腿骨の太さ(周囲長)から、体重が二足歩行の場合4トン、四足歩行の場合5.3トンと推定された。

参考:【むかわ町穂別博物館】むかわ町穂別産“むかわ竜”の分類・年齢・体重の解明(PDF)
http://www.town.mukawa.lg.jp/secure/5406/Hobetsu_dinosaur_(Mukawa_ryu)_Press_Release_201906.pdf

http://www.town.mukawa.lg.jp/secure/4906/mukawa-ryu.jpg

https://univ-journal.jp/26777/

【【古生物】北海道大学など恐竜化石“むかわ竜”の詳細を解明 新種の可能性が濃厚に 】の続きを読む

PPW_oumunoappu_TP_V
1: ごまカンパチ ★ 2019/08/08(木) 04:50:21.31 ID:fTIO4HRa9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190807-00000024-jij_afp-sctch
 1900万年前の地球に生息していた超巨大オウムの化石が、ニュージーランドで発見されていたことが分かった。
立つと人間の背丈の半分以上もあり、今まで発見されているオウムの仲間の中で最大だという。

 古生物学者の国際チームが英国王立協会(Royal Society)の専門誌バイオロジー・レターズ(Biology Letters)最新号に発表した論文によると、
見つかっている足の骨から推測されるこのオウムの大きさは、体高約1メートル、体重は最高7キロ程度。

 クライストチャーチ(Christchurch)にあるカンタベリー博物館(Canterbury Museum)のポール・スコフィールド(Paul Scofield)上級学芸員は7日、
この巨鳥について「飛べたかもしれないけど、われわれは飛べなかった方にかけている」とAFPの取材に話した。

 2008年にニュージーランド南島(South Island)でこの鳥の骨が発見されたときには誰も何の骨か分からず、今年初めに研究チームが調べるまで
11年も放置されていたという。
スコフィールド氏は当初、「巨大なオウムの骨だなんて考えもしなかった」といい、「再調査するまではワシの一種かもしれないと考えていた」と話した。

 このオウムは、ギリシャ神話の英雄ヘラクレス(Heracles)のような体格と今回の発見の意外性から、
「ヘラクレス・イネクスペクタトゥス(Heracles inexpectatus、予想外のヘラクレスの意)」と名付けられた。
巨大なくちばしの力は非常に強くて何でも容易に砕き、通常のオウムのえさ以上のえさを食べることができ、他のオウムを食べてさえいたかもしれないという。

 ニュージーランドは、巨大な鳥類が生息することで知られる。
今は絶滅してしまった飛べない巨鳥モアは、首を伸ばすと体高が最大3.6メートルあった。
「しかし今日まで、世界中で誰も絶滅種の巨大オウムを見つけたことはなかった」
と豪フリンダース大学(Flinders University)のトレバー・ワージー(Trevor Worthy)准教授(古生物学)は話した。

 ワージー氏によると研究者らは20年にわたり、このオウムの骨が出土した、化石が豊富な堆積層で発掘調査をしており
「毎年、未発見の鳥や動物」が出てくるという。
「この興味の尽きない堆積層には、もっとたくさんの未発見の想定外の種が眠っているに違いない」と話した。

【【古生物】「予想外のヘラクレス」 体高1メートル? 世界最大の超巨大オウム、化石発見 ニュージーランド 】の続きを読む

    このページのトップヘ