1: フラボバクテリウム(東京都) [DE] 2020/02/26(水) 03:58:58.82 ID:ifrHyWSq0● BE:976717553-2BP(2000)
🐶・・・・


犬が亡くなる前にみせる予兆

ーー犬が亡くなる直前、なにか兆候などを見せることが多いのでしょうか? 

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「亡くなる原因にもよりますが、犬が亡くなる前にはいくつか変化を見せることがあります。たとえば……

・食欲が落ちる、もしくは廃絶
・食欲低下に伴う尿量の低下
・寝ている時間が多くなる

などの変化が見られることがあるでしょう。また、『死の間際』でいうと……

・意識レベルの低下(強い刺激には反応するが、反応が少なくなる・もしくは反応しない)
・呼吸が不規則となる(浅い呼吸、短時間の呼吸停止、深く速い呼吸)
・けいれんのように手足をバタつかせる
・下痢をする

こうした変化が見られることがあります」


(全文はWebで)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200225-00014874-inumag-life
  • 犬が亡くなる前にみせる予兆

【犬が死ぬ前にみせる前兆がこれらしい】の続きを読む

1: Ttongsulian ★ 2020/02/26(水) 07:14:57.63 ID:CAP_USER
2020年02月25日 23:40
https://jp.sputniknews.com/entertainment/202002257219311/

動物の好みについては一般にネコ派とイヌ派の2つに分けられるが、この動物の赤ちゃん、もうひとつ別のグループを生み出すかもしれない。だって、この顔! イヌとネコをミックスした混合種にそっくりだからだ。

この子犬の写真がサイト「Reddit」で公開されると、たった数時間のうちに数万人のユーザーが魅了された。この動物の赤ちゃんはネットの新しい人気者となることは間違いない。紹介された写真で、赤ちゃんは喜怒哀楽をあますところなく表し、ユニークな外見でユーザーのハートをわしづかみにしてしまった。

サイト「Boredpanda」のリソースは、独自に調査を実施し、この子犬はベトナムで「Hmong 」と呼ばれる種類で、雑種であることを突きとめた。「Hmong」は中国、ベトナム、タイなどの山岳民族に住む少数民族の「モン族」と音が同じ。この犬の起源は古く、優秀な狩猟犬、番犬としてよく知られ、非常に頭がよく、力も強い。

この犬の種はベトナム北部が原産。非常に人懐こく、特に子どもとよくじゃれて遊ぶ。

この種の起源が未だに解明されていないからといって、ネット上で可愛い子犬の赤ちゃんがユーザーを魅了してやまないのは話が別だ。犬の祖先には「足の短いディンゴ種」が混じっているとされている。遺伝子の突然変異が生じた可能性も否定できない。

ちなみに、この犬の赤ちゃんは、以前、スプートニクがご紹介した「スウェーディッシュ・ヴァルフント」によく似ている。ぜひ見比べてみてください!

Meet the derpiest fuzzball to ever walk the earth
https://www.reddit.com/r/aww/comments/f89b3d/meet_the_derpiest_fuzzball_to_ever_walk_the_earth/

People Are Saying This Puppy Is A Hybrid Between A Cat And A Dog And It Has The Derpiest Expressions
https://www.boredpanda.com/puppy-looks-like-cat-dog-hybrid/?utm_source=tech.onliner&utm_medium=referral&utm_campaign=organic
no title


コーギーと狼、合わせてコーギー狼! 珍しい小型犬がかわいい【写真・動画】
https://jp.sputniknews.com/entertainment/201906016315411/

【この動物の赤ちゃんは犬?猫?熊? ベトナムの子犬が愛らしい姿でユーザーを魅惑】の続きを読む

1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/02/25(火) 12:49:42.20 ID:CAP_USER
野中良祐2020年2月25日05時00分

 京都大学などの研究チームが、中国にいる毒蛇ヤマカガシの仲間は、ホタルの幼虫を食べて毒を身につけることを突き止めた。日本にいるヤマカガシは、ヒキガエルを食べて毒を獲得しており、研究者はかけ離れた食性について「驚きだ」と話している。研究成果を25日、米科学アカデミー紀要に発表した。

 ヤマカガシの仲間は、2種類の毒を持つ珍しい毒蛇だ。獲物を捕まえるために牙に持つ毒に加え、天敵から身を守るため、首など体の外側にある器官から出す毒も持つ。
 この防御用の毒は天然の化学物質の一種で、蛇は体内で合成できない。日本のヤマカガシは、毒を持つヒキガエルを食べ、その毒を蓄えることが知られている。
 https://www.asahi.com/articles/ASN2S5GJ6N2FPLBJ00D.html
78615431321

【ホタルの幼虫を食べて毒を得る蛇 京大など突き止める】の続きを読む

1: カルディオバクテリウム(栃木県) [US] 2020/02/26(水) 12:32:25.50 ID:nLiXgWc90● BE:886559449-PLT(22000)
「こちら側のどこからでも切れます」は本当なのか?パッケージの謎についてメーカーの担当者に聞いてきた

https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/sayaka-yamaguchi/17-00054
321351531

【「こちら側のどこからでも切れます」 ← 切れない キレそう】の続きを読む

1: ゲマティモナス(愛媛県) [US] 2020/02/25(火) 19:56:01.86 ID:UUKIVvZg0● BE:135853815-PLT(13000)
You’re Likely to Get the Coronavirus
Most cases are not life-threatening, which is also what makes the virus a historic challenge to contain.

(略)

Lipsitch predicts that, within the coming year, some 40 to 70 percent of people around the world will be infected with the virus that causes COVID-19.
But, he clarifies emphatically, this does not mean that all will have severe illnesses.
“It’s likely that many will have mild disease, or may be asymptomatic,” he said.
As with influenza, which is often life-threatening to people with chronic health conditions and of older age, most cases pass without medical care.
(Overall, around 14 percent of people with influenza have no symptoms.)

(略)
以下google翻訳
コロナウイルスを取得する可能性が高いほとんどの場合、声明を脅かすものではないため、ウイルスを封じ込めることは歴史的な課題となっています。
(略)
Lipsitchは、今後1年以内に世界中の人々の約40~70%がCOVID-19を引き起こす
ウイルスに感染すると予測しています。
しかし、彼は強調して、これはすべてが深刻な病気になることを意味しません。
「多くの人が軽度の病気にかかっているか、無感染症である可能性が高い」と
彼は述べた。
インフルエンザは、慢性的な健康状態や高齢の人にとって生命を脅かすことが多いため、ほとんどの場合、医療を受けずに通過します。
(全体的に、インフルエンザにかかっている人の約14%に症状はありません。)
https://www.theatlantic.com/health/archive/2020/02/covid-vaccine/607000/
no title 【【新型コロナ】ハーバード大教授「人類の40~70%が感染するけど心配しなくていい」】の続きを読む

1: カルディオバクテリウム(栃木県) [US] 2020/02/26(水) 09:58:22.10 ID:nLiXgWc90● BE:886559449-PLT(22000)

845465151515
https://mainichi.jp/articles/20200225/ddl/k18/040/105000c

人工衛星を多数打ち上げて新たな通信事業を行う計画をアメリカなどの複数の
企業が進めていて、天文学者の中からは天体観測の妨げになると懸念の声が上がっています。

アメリカやイギリスの複数の企業は、大量の人工衛星を使ったインターネットの新しい通信事業を計画しています。

このうちアメリカの企業は1度に60基を放出する打ち上げを去年からすでに5回行い、
最終的には4万2000基打ち上げる申請をアメリカの当局にするなど、今後、人工衛星が
急速に増加すると見込まれています。

人工衛星の打ち上げを調整する機関はなく、世界の天文学者で作る国際天文学連合は
天体観測の妨げになるとして、早急に規制の枠組みを作ることを求める声明を出し、
日本の国立天文台も世界の研究機関と足並みをそろえて解決策を図ることが重要だと懸念を表明しました。

アメリカの天文台が公開した画像では人工衛星20基以上が光を反射しながら移動する様子が
光の筋となって写り込んでいて、この時は観測ができなかったということです。

また、神奈川県で夜空を撮影した動画でも、20基余りの人工衛星が筋のようになって通過する
様子が確認されました。

国立天文台の大石雅寿特任教授は「観測に影響が出始めていて、今後、問題が深刻化するのは
確実だ。研究者と企業側が共同して解決にあたることが重要だ」と話しています。

2: カルディオバクテリウム(栃木県) [US] 2020/02/26(水) 09:58:42.89 ID:nLiXgWc90
【天文学者「人工衛星がジャマで天体がよく見えない!!!」】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2020/02/26(水) 03:26:06.72 ID:XAX6GPWG0
no title

【【悲報】ワイおっさん、ガストにあったなぞなぞが全く解けない】の続きを読む

1: サンダージョー ★ 2019/12/02(月) 09:21:24.39 ID:CAP_USER
12/1(日) 7:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191201-00010000-nknatiogeo-sctch
no title


おそらくこれまで撮られたことのない貴重映像、研究者が公開

 中米、コスタリカのオスティオナル国立野生生物保護区には、毎年、何万匹ものウミガメのメスが、産卵のため砂浜にやって来る。しかもその到来は何日かに集中している。

【動画】無数の母ウミガメが海を泳いで産卵場所へ向かう貴重映像
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/112800687/

 スペイン語で「アリバダ」と呼ばれるこの現象を研究している生物学者バネッサ・ベジー氏は、その一環で、海を泳いで砂浜を目指すウミガメたちをドローンで撮影した。ほとんどがヒメウミガメだ。2016年11月のある日、ベジー氏はこれまでに記録されたなかで最も密集した群れを撮影することに成功した。

「何か特別なことが起きているとすぐに気づきました」と、ベジー氏は撮影当時を振り返る。「今でもこの動画を見るたびに感動します」
二つとない特別な場所

 これほど大規模なアリバダが見られる場所は世界的にもめずらしい。ここより多くカメが到来するのはメキシコ、オアハカのエスコビージャ海岸くらいと考えられている。

 ところで、なぜ今になって2016年の動画を公開したのか。ベジー氏は、ウミガメが以前より大きな脅威にさらされているからだと言う。コスタリカでは旅行者が増えているほか、住宅地の開発も進んでいる。ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーでもあるベジー氏は動画を公開することで、ここが二つとない特別な場所であること、絶対に守るべき場所であることを知ってほしいと考えている。

「アリバダの水上の様子をとらえた動画は初めて見ました」と、米サウスイースタンルイジアナ大学の生物学者ロルダン・バルベルデ氏は語る。「この現象を記録した写真は、ほとんどが海岸の写真です」

 ベジー氏がドローンで撮影した動画では、ウミガメは1平方メートルごとに1匹くらいいるように見える。これは前例のない密度だ。雨期全体を通してみると、1平方キロ当たりに記録されるウミガメの数は平均250匹。それでも十分に密集している。動画をさらによく見ると、浮かび上がってくるウミガメもいて、水面下にはもっと多くのカメがいるらしい。

 ベジー氏は、これほど多くのカメが主に8月から10月にかけてこの場所に集まる理由を解明したいと考えている。海流、海岸の方位、砂の種類などが関係している可能性がある。また、アリバダを大規模にすることで、カメが生き残るチャンスを高めているのかもしれないと、ベジー氏は分析している。

 国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは、6種のウミガメが絶滅危惧種に指定されているが、ヒメウミガメもその一つだ。ベジー氏によれば、ヒメウミガメのライフサイクルにおいて、アリバダは極めて重要な役割を果たしているという。

「アリバダは謎の多い現象です。カメたちがどのように群れを形成するのかは、まだわかっていません」

(続きはソースで)

【無数の母ウミガメが海を泳ぎ、一斉産卵「アリバダ」へ】の続きを読む

    このページのトップヘ