1: 風吹けば名無し 2020/02/21(金) 10:46:47.63 ID:IfgO7LRWp
no title

【【画像】ハンチョウと黒服村上、ついにカップルみたいになってしまう…】の続きを読む

1: アナエロプラズマ(ジパング) [IT] 2020/02/20(木) 06:55:46.56 ID:h2bdfvng0● BE:842343564-2BP(2000)
がぞう 
no title

no title

no title

no title

【【画像】15歳で妊娠した女子中学生をご覧ください。】の続きを読む

1: Ttongsulian ★ 2020/02/20(木) 06:07:41.91 ID:CAP_USER
2020年02月19日 17:30
https://jp.sputniknews.com/entertainment/202002197115898/

メキシコのナヤリット州プンタミタ半島の海岸で、鋭い牙、イルカのような鼻に細長い胴体を持つ正体不明の海洋生物が発見された。地元ニュースサイト「トリブューナ・デ・ラ・バイア」が報じた。

その生物は、海岸を散歩していた地元住民のグループによって発見された。

​発見者の地元住民らは最初に見たとき、イルカの死骸が打ち上げられたのだろうと思った。ところが、その生物を至近距離で観察してみると目がないことが分かったため、深海に棲む生き物だろうとみている。

その海洋生物の話を聞いた漁師らは、ナヤリット州の隣りのハリスコ州プエルト・バヤルタの海域には深さ数キロメートルの海溝があることを思い出した。その海溝が正体不明の生物の生息地なのかもしれないというのが漁師らの説だ。地元メディアによれば、この海洋生物の正体は未だにわかっていない。 

この生物は一体何か?  みなさんからの諸説、コメントをお待ちしています。


Extraña criatura aparece en playa Destiladeras
https://tribunadelabahia.com.mx/extrana-criatura-aparece-en-playa-destiladeras/?fbclid=IwAR3-EvEYYiTI4VNs2HOF1MydBxb4jmcnSYTUWfTX9Ku5C_cG0rCq1iks6s4
no title

【イルカ? ウナギ? 正体不明の海洋生物がメキシコのビーチに】の続きを読む

1: Ttongsulian ★ 2020/02/20(木) 09:14:32.84 ID:CAP_USER
2020.02.19 Wed posted at 13:20 JST
https://www.cnn.co.jp/fringe/35149617.html

no title


米ニューヨーク州ロチェスターの保護施設で、飛べないハトと歩けない子犬が仲良くなり、一緒に遊ぶ愛らしい姿に心を打たれた世界中の人たちから寄付が集まっている。

ハトの「ハーマン」は神経を損傷して飛べなくなり、1年以上前に保護された。チワワの子犬の「ランディ」は、後ろ足が不自由で歩くことができない。それでもいつも一緒にいて、まるで兄弟のように寄り添っている。

ハーマンとランディは、ロチェスターで障害のある動物の保護施設を運営する非営利組織、ミア財団を通じて出会った。

ハーマンは自動車ディーラーの駐車場でうずくまっているところを保護され、近くの保護施設では安楽死させるしかないと判断したため、同財団創設者のスー・ロジャースさんが引き取った。

今はベビーベッドの上で過ごしながら、毎日ロジャースさんが屋外へ連れ出して刺激を与えている。

チワワの子犬ランディは新入りだった。スイマーズ症候群と呼ばれる症状のために後ろ足をうまく使うことができず、サウスカロライナ州のブリーダーからロジャースさんのもとに送られてきた。体重はわずか170グラムと、シャツのポケットに入るほど小さい。

ロジャースさんが引き合わせると、ランディとハーマンはたちまち仲良くなった。ハーマンがくちばしでつつくことも、ランディがかみつくこともなかった。

no title


一緒に寄り添う写真をロジャースさんが公開したことで評判になり、世界中から集まった寄付は2日間で6000ドル(約66万円)に上る。同施設で保護している動物たちの手術代も、これでまかなうことができた。

ランディの里親になりたいという希望者もいる。しかしロジャースさんのもとには「どうかこの子たちを引き離さないで」というメールが1000通も届いているという。
The Mia Foundation - Love For Mia
https://www.facebook.com/watch/?v=623212681812204

【飛べないハトと歩けない子犬が仲良しに、寄り添う姿で世界を魅了】の続きを読む

1: ストレプトミセス(光) [TW] 2020/02/20(木) 14:38:19.50 ID:pk+E5J5t0● BE:201615239-2BP(2000)
現在も幅広く使用されている「カット」「コピー」「ペースト」のコマンドを発明したコンピューター科学者、ラリー・テスラー(Larry Tesler)氏が死去した。74歳。同氏の元勤務先である米事務機器大手ゼロックス(Xerox)が19日、明らかにした。

 米ニューヨーク・ブロンクス(Bronx)地区出身。ゼロックスは「テスラー氏は17日に死去した」とツイッター(Twitter)に投稿し、「カット、コピー・アンド・ペースト、
検索・置換などの発明者はゼロックスの元研究員、ラリー・テスラー氏だった」「テスラー氏の革新的なアイデアによって日々の作業はより楽になった」と称賛の言葉を贈った。

https://www.afpbb.com/articles/-/3269261

【【訃報】「コピペ」の発明者、死去】の続きを読む

1: エアロモナス(光) [EU] 2020/02/20(木) 14:23:05.81 ID:9jhXg2Ry0● BE:969416932-2BP(2000)
英国のキングス・カレッジ病院でバイオリン奏者の患者が、演奏しながら脳腫瘍の摘出手術を受けた。腫瘍の場所が、左手の細かい動きを司る部分に近かったため、演奏技術に影響が出ていないことを確かめながら手術を行うのが目的(ナレーションなし)。

英国でバイオリン奏者が、演奏しながら開頭手術を受けた。
患者は53歳のダグマー・ターナーさん。脳腫瘍の場所が、左手の細かい動きを司る部分に近かったため、医師は摘出手術の間、演奏を続けるようターナーさんに要請した。
ターナーさんはマーラーやガーシュウィンを奏で、40年間はぐくんだ音楽への情熱を披露した。
腫瘍の90%以上の切除に成功。左手の動きはまったく影響を受けなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200220-00010006-reutv-eurp
8451541321

【バイオリニストのターナーさんがマーラーを奏でながら開頭手術を受け無事にマーラ摘出に成功】の続きを読む

1: アナエロプラズマ(ジパング) [IT] 2020/02/20(木) 20:03:01.35 ID:h2bdfvng0● BE:842343564-2BP(2000)

【【動画】いやあ!家の中に知らないおっさんがいるうう!母娘家庭の娘にとって再婚相手は恐怖でしかない】の続きを読む

1: メチロフィルス(秋田県) [TW] 2020/02/20(木) 19:09:00.69 ID:a69JFz8v0● BE:194767121-PLT(13001)
事件を起こしたのは、兵庫県明石市に住む無職の男(66)。16歳の女子高生に恋心を抱くと、2018年9月2日と3日、
兵庫県加古郡で待ち伏せ。さらに、14日には電柱に女子高生の名前、自分の携帯電話番号、そして「連絡して
もらえたら嬉しい」などの「恋文」を数十枚貼り付けるという行為に出た。

 これだけでも気持ち悪すぎる行動だが、実は男は8月に女子高生に卑猥な言葉を叫んだとして、
県迷惑条例違反で逮捕されていた。その後、待ち伏せと電柱への恋文貼り付けが発覚し、
ストーカー規制法違反の疑いで再逮捕となった。

 孫ほど年齢の離れた女子高生に好意を抱き、付きまとう事件。女性からは「気持ちが悪すぎる」
「16歳の女性が66歳に恋することなんて絶対ない。馬鹿じゃないの」「孤独な老人のストーカー。これから増えて行きそう」などの声が上がる。
 一方、男性からは「気持ちが悪い」「のぼせてるんじゃねえよ」という厳しい声もあったが、
「気持ちはわかる」「行動はともかく恋心を抱くのは自由」「66にして恋心を持つ精神だけは凄いと思う」などの声も出た。

 同情の声もあるようだが、男の行為はストーカーという犯罪。容認するわけには断じて行かない。

https://npn.co.jp/article/detail/200001369
pic 【ジジイが女子高生に惚れ、ラブレターを住居近くの電柱に貼り付ける】の続きを読む

    このページのトップヘ