1: ケレス(SB-Android) [US] 2020/06/04(木) 12:33:39.34 ID:K3zKd6a50● BE:866556825-2BP(4000)
数人がボーガンに刺され、女性2人死亡 逮捕の大学生「複数の家族殺した」
2020/06/04 11:45

https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202006/sp/0013395954.shtml

神戸新聞NEXT
写真を拡大(全2枚)
 4日午前10時すぎ、兵庫県宝塚市の住宅内で、数人がボーガンのようなものに刺されて負傷していると119番があった。成人の女性2人が意識不明で、搬送先の病院で死亡が確認された。他にも複数のけが人がいるもよう。
 県警宝塚署が、殺人未遂容疑で20代くらいの大学生の男を現場で逮捕。容疑を殺人に切り替えて経緯を調べる。男は「複数の家族を殺した」などと話しているという。

 同署などによると、けがをした人が助けを求めて近隣の家に駆け込むなどしたとみられる。

 現場はJR宝塚線中山寺駅の南約2キロにある住宅街。

【大学生が家族をボーガンで撃って2人死亡。】の続きを読む

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/05/30(土) 03:13:20.05 ID:CAP_USER
ある場所で発掘された1億5000万年前の化石を調べてみたところ、少なくとも1種の大型恐竜が、共食いを始めるほど切迫した状況に追い込まれていたことが示唆された。

 米コロラド州にあるマイガット・ムーア発掘地で、1981年以降に発掘された化石2368個のうち、なんと29%に噛み跡が付いていたという。これは、他の同様の発掘場所で通常見つかる割合より6倍も多い。なかには、この発掘現場で最も多い肉食恐竜であるアロサウルスが、同じアロサウルスをかじったとみられる証拠も残されていた。論文は5月27日付けで学術誌「PLOS ONE」に発表された。

 恐竜が共食いをしていたとしても、必ずしも驚くことではない。ワニなどの多くの大型の捕食者が、特定の状況下では共食いをする。「コモドオオトカゲもクマもライオンも、現生の主な捕食者はみな共食いをします」と米ユタ州ソルトレイクシティーにあるユタ自然史博物館の古生物学者マーク・ローウェン氏は話す。「肉食動物は、動物の死骸があれば食べるのです」

 珍しいのは、化石から共食いの証拠が見つかることだと、論文の筆頭著者である米テネシー大学ノックスビル校の古生物学者ステファニー・ドラムヘラー氏は言う。「共食いの確かな証拠は、他の数種の獣脚類でしか見つかっていないのです」。このようなぞっとする出来事がいつ、どこで起きていたのかを知ることで、先史時代の環境についての重要な細部を明らかにできる。

「おそらく、この生態系に何らかの異常が起きていたのでしょう。そのため、ここにいた獣脚類は、見つけた栄養を片っ端から摂取しなければならず、残された死骸を広範囲にあさっていたのです」とドラムヘラー氏は述べる。

 研究チームの考えでは、この地にいた恐竜たちは、長期の干ばつで枯れかけた水場の周辺で死んだのかもしれないという。死骸はその後、堆積物に埋もれたが、分解されるペースは遅かった。

「よく冗談で言うのですが、当時に戻ってそこを訪れることができたなら、きっとすさまじい臭いがしたはずです。なぜならあらゆる証拠が、恐竜たちの死体や残骸が長期にわたって一面に広がっていたことを物語っているからです」とドラムヘラー氏は付け加える。

■噛み跡が伝える物語

マイガット・ムーア発掘地は、モリソン層という約1億5000万年前の広大な岩石層の一部だ。この地層は米国屈指の恐竜の化石産地で、米国西部に広がっている。

 モリソン層にある他の主要な恐竜発掘地では、骨に噛み跡が見つかる割合は大幅に少ない。例えば、米ユタ州にあるクリーブランド・ロイド恐竜発掘地では、「2万個の骨のうち、実際に噛み跡が付いているのは5%を大きく下回ります」とローウェン氏は説明する。氏はアロサウルスの新種に関する論文を今年1月に発表した。なお、今回の論文には関わっていない。

 対照的に、マイガット・ムーアからは「数多く見つかっています」と同氏は話す。「この研究の素晴らしい点は、骨に残る獣脚類の噛み跡をこれでもかというほど大量に見つけたことです。つまり、死体は地表にあって、食いあされる状態だったということです」

 噛み跡の付いた骨の化石は684個あり、大半は竜脚類と呼ばれる首の長い草食恐竜のものだった。だが83個は、全ての肉食恐竜を含む獣脚類というグループだった。

 マイガット・ムーアから見つかった肉食恐竜の骨の大半は、全長9メートルの殺し屋、アロサウルスのものだと考えられているが、一部はより原始的な捕食者であるケラトサウルスのものかもしれない。モリソン層にあるほぼ同年代の他の化石発掘現場からは、その他にもトルボサウルスやサウロファガナクスなど、いくつかの大型獣脚類が見つかっている。

「この化石群集ではアロサウルスが極めて支配的であり、こうした獣脚類の噛み跡が、あらゆるものに付いています」とドラムヘラー氏は話す。「つまり、少なくとも噛み跡の一部はアロサウルスのものであるうえ、アロサウルスの骨からも噛み跡が見つかったということです」。氏は、ここの肉食恐竜のすべての種が、時には共食いをした可能性があると考えている。

続きはソースで
no title

no title

no title


https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/052900324/

【1.5億年前の恐竜アロサウルスが共食い、初の証拠か】の続きを読む

1: イオ(家) [JP] 2020/06/04(木) 11:24:06.06 ID:2DIXPH0p0● BE:373518844-PLT(15931)
(スレ立てのNGワードを別の文字に置きかえてあります)

「注文した覚えのない商品の発送を知らせるメ-ルがAmazonから届いた」という相談が、読者(以下、
「Aさん」と記載)から寄せられた。
(略)
発端は、2020年4月下旬、「新しいデバイスからサインインしましたか?」という確認メ-ルが届いたことだ。
Amazonのアカウントに中国からのログインがあったというので、メ-ルの指示に従って対応をとった。
これで問題は解決したと思っていたところ、5日後、注文した覚えのない商品の購入手続き完了を告げるメ-ルが
送られてきた。
no title

商品の発送先は、アカウント内の「アドレス帳」に保存してあった、親戚の氏名と住所になっていた。
ログインして確認すると、支払いに使用されたのはAさんのものではない、見たこともない番号のクレジットカ-ドだった。
履歴には、Aさんが閲覧していない商品が表示されていた。
no title

Aさんは、本件をAmazonのカスタマーサービスに問い合わせた。事情を説明して調査を依頼すると、最終的に
注文はキャンセルされた。
(略)
これ以降、新たな被害は発生していない。
Aさんのアカウントへの不正なログインと、購入の対象となった商品を販売する業者との関連が疑われている。
業者が「Amazonに出品する → 他人のアカウントに不正にログインする → そのアカウントにて、自らが
販売する商品の購入手続きを行う」という手法だ。購入に使用されたクレジットカ-ド番号も、不正に取得されたもの、
ネット上に流出したもの等であると思われる。
ちなみに、Amazonからの案内を装った、各種のスパムメ-ルも出回っている(>>0�さんに届いたメ-ルは、
実際にAmazonから送信されたものであることを確認済み)。その指示通りに操作すると、個人情報が流出してしまう。
(略)

記事全文と画像一覧 https://tanteifile.com/archives/22197

【詐欺業者がアマゾンの他人のアカウントに不正ログイン→勝手に商品を注文して送り付けるトラブルが発生】の続きを読む

1: カロン(奈良県) [JP] 2020/06/04(木) 18:52:54.77 ID:9ULhFR0L0● BE:213616423-2BP(2000)
「梅干し」が発酵食品じゃないってホント!?

すでに九州南部や四国が梅雨入りし、今後各地で梅雨を迎えていくことになります。
言葉の通り、梅雨は梅の季節といわれ、梅の実が熟す時期。
「梅干し」などの梅仕事を楽しむ人も多いのではないでしょうか。

ところで「梅干し」は漬物の一種とされているので、ぬか漬けなどと同じように発酵食品と思われがちです。
実際はどうなのでしょうか。宮城大学食産業学群フードマネジメント学類の金内誠(かなうち・まこと)教授(発酵・醸造学)に伺いました。
https://weathernews.jp/s/topics/202006/030095/
984846854546

【腹下した時何で梅干し食べろって言われるんだ?】の続きを読む

1: エリス(SB-Android) [US] 2020/06/03(水) 18:10:17.69 ID:1/sh4FLF0● BE:866556825-2BP(4000)
けもフレ1期のたつき監督「脅迫等の容疑者が逮捕された」と報告
https://otakei.otakuma.net/archives/2020060306.html
no title

【たつき監督を脅迫した男がけものっぽいと話題に。】の続きを読む

1: グレートウォール(埼玉県) [MA] 2020/06/03(水) 20:44:29.67 ID:cig4fUZY0● BE:472367308-PLT(16000)
・知られざる女神転生の8つの秘密

1. 年間でもっとも売れたゲーム音楽CDで表彰

2. 「すぐにけせ」のバグはデマ
スーパーファミコン版「真・女神転生」と「真・女神転生II」のタイトル画面に1/65536の確率で「すぐにけせ」という文字が表示されるという噂が広まったが、これはデマであると判明している。開発者もデマと断定している。

3. 「すぐにけせ」のバグはデマだが実装していた
タイトル画面に「すぐにけせ」という文字が表示されるという噂はデマではあるが、ファミリーコンピュータ版「女神転生II」を開発していた際、ゲームを放置していると「すぐにけせ」という文字が表示されるようにしていた。しかし発売前に「すぐにけせ」と表示するプログラムは消去された。

4. ネズミーランドにダークマウスが登場する予定だった
スーパーファミコン版「真・女神転生」にネズミーランドとダークマウス、デビルダックが登場する予定だったがお蔵入りとなってボツになった。しかしダークマウスもデビルダックもグラフィックは完成していた。

5. 任天堂の規約を26項目ぐらい違反していた
ファミコン版「女神転生」は任天堂からゲームを出すために守るべき規約を26項目ほど違反していた。しかしナムコからの発売だったため、その項目を違反したまま出すことができたという。ナムコは自社工場でソフトを生産できるため、それが功を奏した(!?)といえるかもしれない。

6. スタッフが失踪して行方不明になったことがある

7. 開発中にポルターガイスト現象が発生した

8. もっとも難しいダンジョンは「女神転生」の炎の腐海

(以下略)

全文と全画像はサイトで
https://buzz-plus.com/article/2020/06/01/shin-megami-tensei-secret-news/
no title

no title

【【衝撃】知られざる女神転生の8つの秘密 / 開発者に聞いてみた結果「ポルターガイスト現象も体験した」】の続きを読む

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/06/03(水) 17:17:03.27 ID:CAP_USER
→アンボイナガイは特殊なインスリンを毒として使用する
→毒インスリンは即効性があり極めて強力
→毒インスリンの持つ即効性を取り入れたハイブリッドインスリンは人間にも優れた効果を発揮する

アンボイナガイ(イモガイ科)は、狩りで強力な毒を使う「海の殺し屋」として知られています。
no title


アンボイナガイの分泌する毒の正体は強力なインスリンであり、その毒インスリンに触れた小魚は低血糖のショックを起こして気絶してしまうのです。

そして気絶した小魚は、アンボイナガイによってゆっくりと丸呑みにされます。
no title


2015年にこの毒インスリンの存在が発見されてから、研究者たちは、この強力な毒インスリンを人間の糖尿病治療に役立てないか考えてきました。

そして今回の研究によって、毒インスリンと人間のインスリンを合成したハイブリッドインスリンが作成され、ついにその目的を達成。この新しいインスリンは、毒のもつ即効性と人間に対する高い親和性を併せ持ち、優れた血糖低下作用を示したとのこと。

しかしハイブリッドといっても、合成の方法は様々です。

研究者たちはどのような方法で毒を薬に変えたのでしょうか?

■インスリンが毒になる仕組み

人間の体の中で働くインスリンは通常、凝集された状態ですい臓に保管されています。
no title


そして血糖値の上昇を確認すると、凝集体から一つ一つ、インスリンが離れていき、血糖値を下げていきます。

しかしこの凝集状態からの分離プロセスには1時間ほどの時間がかかることが知られており、食後の急速な血糖上昇にしばしば対応できません。

一方、小魚狩りに使われる毒インスリンは、通常のインスリンに比べて非常に小さな構造をしていることが知られており、凝集体を作らず、小魚のエラから侵入すると即座に低血糖を誘発させます。

この強力な即効性のお陰で、インスリンは毒として機能することができるのです。

小魚専用だった毒インスリンを改造してヒトでの効果をもたせる

■小魚専用だった毒インスリンを改造してヒトでの効果をもたせる

ただ残念なことに、アンボイナガイから毒インスリンを抽出しても、直ぐには人間には使えませんでした。
no title


アンボイナガイの毒インスリンは獲物である小魚に対して効き目を発生させるように特化して作られており、人間に対する効果は限定的だったからです。

そこで研究者は、毒インスリンの効能部位を切り取り、人間のインスリンから凝集能力を奪ったものに結合させた、毒インスリンと人間のインスリンのハイブリッドインスリンを作りました。

このハイブリッドインスリンは、ミニインスリンと名付けられ、ラットを使った実験において、通常の人間のインスリンと同じレベルの血糖低下作用を、より短時間で発揮できたとのこと。

研究チームのChou氏は「ミニインスリンは既存のインスリンに比べて小さいため合成が容易であるだけでなく強力で即効性がある」と述べ、新世代の糖尿病治療薬になると期待をにじませました。

また今回の研究は、思いもよらない生物が、人類の主要な疾患の治療薬を提供してくれることを示しました。

このことは人類が、生物の種の保存の重要性を再考するきっかけになるかもしれません。

今どこかでひっそりと絶滅した生物が、私たちの未来を救う生物だった可能性も十分に考えられるのです。

研究結果はアメリカ、ユタ大学のXiaochun Xiong氏らによってまとめられ、6月1日に学術雑誌「Nature Structural&Molecular Biology」に掲載されました。

A structurally minimized yet fully active insulin based on cone-snail venom insulin principles
https://www.nature.com/articles/s41594-020-0430-8

https://nazology.net/archives/61521

【海の殺し屋”イモガイ”の「毒」が人間の糖尿病に効果あり! 毒薬変じて薬となる】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2020/06/04(木) 04:06:49.52 ID:EpnElrSb0
no title

【マスク 60枚 300円www】の続きを読む

    このページのトップヘ