2022年01月

1: デネブ・カイトス(長野県) [CA] 2021/12/31(金) 06:44:48.08 ID:Ondf0KJv0● BE:323057825-PLT(13000)
群馬県富岡市の遮断機も警報器もない踏切で、94歳の男性が電車にはねられ死亡しました。

 きょう午前、群馬県富岡市を走る上信電鉄の踏切で、近くに住む94歳の加藤卯八さんが電車にはねられ死亡しました。

 警察によりますと、加藤さんは買い物から帰る途中、踏切内で倒れた自転車を起こそうとしていたところをはねられたとみられます。
現場は遮断機も警報器もない踏切で、2000年以降だけでも2回、電車と車の接触事故が起きていました。

 上信電鉄では「50メートルほど先に遮断機と警報器がある踏切を設置したのでこの踏切を廃止したいが、
住民の反対で廃止できず運用を続けている」としています。

踏切内で倒れた自転車を起こそうと94歳男性が電車にはねられ死亡
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4438448.html


住民が殺したようなもんだ

【遮断機のない踏切で男性電車に轢かれて即死 鉄道会社「住民の反対で踏切を廃止できない」】の続きを読む

1: 宇宙定数(ジパング) [ニダ] 2021/12/31(金) 11:24:03.69 ID:jAlX7jpY0 BE:754019341-PLT(12346)
「史上最大の翼竜」は大きなジャンプで飛び立った 米研究

https://www.cnn.co.jp/fringe/35180998.html

太古の空を飛んでいた爬虫(はちゅう)類「翼竜」の中で、また鳥類を含む空飛ぶ動物の中でも史上最大とされる「ケツァルコアトルス」は、巨大な体でどうやって空へ飛び立ったのか。米国の研究者らがそのなぞに迫った。

米テキサス大学オースティン校で古代の脊椎(せきつい)動物を研究するマシュー・ブラウン氏らのチームが、数年間に及んだ研究の成果を専門誌に発表した。

チームによると、ケツァルコアトルスはまず2.4メートルほどの距離を大きくジャンプし、その勢いで空を飛んでいた可能性が高いことが分かったという。
(略)


関連 前肢が飛翔時にかかるよりもずっと大きな応力に耐えられたことを計算で示した
https://www.nikkei-science.com/?p=16938
関連 巨大翼竜、本当は飛べなかった?
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/1159/?ST=m_news

【全幅12m体重200kmの翼竜ケツァルコアトルスに離陸なんて不可能じゃね?→強靭な四肢で大ジャンプ】の続きを読む

1: 令和大日本憂国義勇隊(栄光への開拓地) [BE] 2021/12/28(火) 16:50:36.05 ● BE:828293379-PLT(13345)
アメリカで「原因不明の」心臓発作、脳卒中、血液凝固患者急増と、医療スタッフの大量離職による人手不足により機能麻痺状態の病院が多数発生中

アメリカでは多くの病院で「人手不足」が深刻となっていまして、その原因はいろいろとあるとはいえ、基本的には「医療従事者へのワクチン義務化」がキッカケとはなっているようです。

カリフォルニア州など医療従事者に接種義務化をしたいくつかの州から「医療従事者たちが他の州へと逃げている」のです。

以下は今年 10月の報道からの抜粋です。

つづきはうぇbで
https://earthreview.net/overwhelming-numbers-of-heart-attacks-clotting-strokes/

【米国で原因不明の心臓病や血栓急増と、医療従事者の大量離職による人手不足で医療崩壊が多発】の続きを読む

    このページのトップヘ