2023年10月

1: ポドフィロトキシン(国際宇宙ステーション) [PE] 2023/09/30(土) 14:47:50.69 ID:/VCbrsSv0● BE:421685208-2BP(4000)
同校の音楽教育のため、保護者が5円まで寄付をし、生徒たちはバザーを開いて基金を作った。

「当時ヤマハの竪型ピアノが500円の頃、2000円もしたドイツ製のグランドピアノは、音楽の先生だけが弾くことのできる神聖なものとなった」と、昭和45年発行の「六十周年記念沿革誌」にある。このピアノは23年に県立宇和高校と改称された同校で、50年まで授業で使用された。市民有志が平成13年から年1回、コンサートを開いてきたものの26年を最後に終了。その後は市の歴史資料として、宇和米博物館で保管されてきた。

宇和米博物館講堂にはもう一つ、大きな魅力がある。昭和3年建設の宇和町小学校の旧校舎を移築しており、講堂に隣接する木造校舎には109メートルもの日本一長い直線の廊下があるのだ。


料金500円で誰でもこの廊下で「ぞうきんがけ」を体験することができる。ゴールするまでのタイムを計測して、認定証をもらえる。バッジをもらえるバッジコースは700円。特に家族連れに人気で、平日では20~30人、休日には100人以上が挑戦するという。

no title

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/f2d450f00425ec74fa5decafac5bd62d93f2bdb6&preview=auto

【かつてヤマハのピアノ500円 ドイツ製のグランドピアノは2000円】の続きを読む

1: ホスフェニトインナトリウム(東京都) [ヌコ] 2023/09/29(金) 11:06:00.52 ID:M28ZQMmo0● BE:837857943-PLT(17930)
よく“男にはプライドがある”と耳にしますが、女性のみなさんは「男のプライド」に対してどのように感じているのでしょうか。
全国の女性208人と男性210人を対象に「男のプライド」について調査をしたところ、約6割の女性が「面倒くさい」と
感じていることが分かりました。また、男のプライドの嫌なところは「上から目線」が最多となりました。

株式会社ネクストレベル(神奈川県横浜市)が運営する『マッチングアプリ大学』が、2023年8月にインターネットで実施した調査です。

no title


https://maidonanews.jp/article/15014033

【「男のプライドが面倒」女性6割 男性のプライドを傷つける言葉・1位は…「〇〇さんのほうがすごい」】の続きを読む

1: ラニナミビルオクタン酸エステル(国際宇宙ステーション) [KR] 2023/09/30(土) 11:22:09.86 ID:JQ0wNJUk0 BE:422186189-PLT(12015)
「まさか、上司の心臓が止まるなんて」

京都市の会社員山下貴也さん(41)は3年前を振り返る。当時、会社の上司が飲酒後にサウナ施設の冷たい水風呂に入った後、心臓が止まって救急搬送されたのだ。
幸い、上司は命を取り留め、後遺症もなかった。
しかし、山下さんは怖くなり、それまで大好きだった水風呂をやめた。
今では、サウナ後は椅子に寝そべって10分ほどそよ風を浴びてゆっくりと体を冷やすのが習慣になった。
山下さんは「水風呂のような爽快感はないが、寝付きは良い」と話す。

サウナは「体を温める」「水風呂で冷やす」「休憩」を繰り返す「温冷交代浴」が基本だ。
温まると血管は拡張し、冷えると収縮する。
血管をポンプのように締め緩めすることで疲労回復や筋肉痛を和らげる効果があることがわかってきた。
心身のリラックス効果は「ととのう」と呼ばれ、この10年ほどサウナブームが続いている。
日本サウナ総研の推計では2022年に年1回以上サウナを楽しんだ人は約1700万人いる。
会社帰りなどに街中の屋内サウナ施設を利用する愛好者が大半だが、テント式のサウナなどを屋外に設置し、川や湖、海を天然の水風呂にする屋外サウナの人気も高まってきた。

ただ、サウナにはヒートショックのリスクが潜んでいる。

ヒートショックは脱衣場と浴槽の温度差が大きい冬に起きやすい。
2011年には交通事故による死者(約4700人)の3倍超の約1万7000人が亡くなったとする研究もある。
温度差が大きいとリスクが上がるため、サウナで水風呂との温度差が大きい場合、夏でもリスクは高い。

日本サウナ・スパ協会は、動脈硬化症や高血圧症、心臓病の人はサウナに入らない方が良いとしている。

(抜粋)
https://www.yomiuri.co.jp/local/kansai/feature/CO049294/20230812-OYTAT50008/

【サウナで年間1万7000人が死亡、交通事故死の3倍】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(調整中) [US] 2023/10/02(月) 12:46:56.28 ID:lGTxfUVS0 BE:754019341-PLT(12346)
洪水発生で動物園のアシカ「脱走」、その後舞い戻る 米NY市

https://www.cnn.co.jp/fringe/35209730.html

豪雨による建物浸水や道路冠水などの被害が最近生じた米ニューヨーク市のセントラルパーク動物園で、
水槽があふれたためアシカ1頭が泳いで飼育場を一時、抜け出す一幕があった。

ただ、周辺をうろついた後、仲間の2頭がいる飼育場へ戻ったという。同市の動物園や水族館の運営を管理する野生動物保護協会幹部は報道発表文で、
同動物園の職員はこのアシカの予想外の動きを監視しつつ、飼育場へ引き返すことを待っていたという。
(略)

【豪雨洪水に乗じて動物園のアシカが脱走 → 水が引いたので帰宅】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(調整中) [US] 2023/10/01(日) 14:30:59.37 ID:gj1EGDLD0 BE:525432919-2BP(5999)
「昔は障害児が生まれたら産婆がキュッと締めて死産扱いにしたもんだよ」と聞いたことはないでしょうか。結論から言えばこれは歴史修正主義者の大嘘なのですが、本気で信じてしまっている御仁も少なからず存在しているようです。

これは旧2ちゃんねるに貼られた定型文(コピペとも)が元凶です。元ネタは時代考証に誤りがあるほか、ダウン症と知的障害が混同されており、信じれば恥をかくような文章となっています。助産師(現在の呼称)の歴史を載せている公益社団法人「日本看護協会」がファクトチェックのソースとして機能すれば良かったのですけれども。


https://shohgaisha.com/column/grown_up_detail?id=2352

【産婆「KYU!首絞めてゴ・メ・ン!」】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(調整中) [NL] 2023/10/02(月) 08:54:41.88 ID:uRtYwG5K0 BE:754019341-PLT(12346)
クジラ、海面に浮上しボートが転覆 2人死傷 豪州

https://www.cnn.co.jp/world/35209729.html

オーストラリア東部ニューサウスウェールズ州の水上警察幹部は9月30日、同州シドニー市のボタニー湾近くで同日早朝、クジラ1頭と衝突したとみられるボートが転覆し、乗っていた1人が死亡、別の1人が病院に搬送されたと報告した。
(略)

【クジラに頭突きされ死亡】の続きを読む

1: ビダラビン(国際宇宙ステーション) [JP] 2023/09/28(木) 14:54:02.36 ID:PYsZvG3p0● BE:448218991-PLT(14145)
9月28日(木)午前11時20分ごろ、玉名市北牟田「JAたまな中央ミニトマト集荷センター」北東側の路上で、体長およそ1メートルの大型トカゲが目撃されました。

目撃者は、玉名市の団体職員の20代男性で、車の運転中に目撃したとのことです。

近隣住民のかたは、十分に気をつけてください。

玉名警察署

https://news.yahoo.co.jp/articles/0f49395088d80b794842121f2cfea980934b8e9e

【体調1メートルの大型トカゲ目撃される】の続きを読む

1: テノホビル(東京都) [FR] 2023/09/30(土) 20:38:19.23 ID:AKTokSFK0● BE:421685208-2BP(4000)
ロフトで見つけた「透明醤油」の写真


今回は、九州の調味料メーカー「フンドーダイ」が作る不思議な「醤油」を購入しました。


商品名は「透明醤油 100ml」価格は540円(税込)です。
パッと見ではお醤油とは思えないデザイン。

透明の瓶に貼られた七宝柄のラベルがなんだかオシャレです。


「透明醤油」の文字と、金色に輝くフンドーダイのロゴが映えます。
醤油なのに色が「透明」なんです!

容器から出してみると水のように透き通っていて「本当に醤油なの?」と思えてきます。


no title

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/23f64cbd69c12a7bd35e6703ead628d9c569ef2c&preview=auto

【最近透明な醤油って増えたよね】の続きを読む

    このページのトップヘ