2023年10月

1: ダクラタスビル(ジパング) [US] 2023/09/28(木) 19:00:07.44 ID:21Q8c/iR0 BE:754019341-PLT(12346)
※mateは「設定 - 実験的-テスト中のスレッド内検索UIを使用」をONでメアドも検索可能

反物質も重力に引っ張られることが実証

https://news.yahoo.co.jp/articles/47c1b25afd6895aa5fe0aa90946d30d8bf7b5c7d

あらゆる物質は重力に引っ張られる。では、通常の物質と電荷が逆である反物質もそうなのか?
これは1932年に反物質が発見されて以降の謎だったが、このたび、
国際研究チーム「ALPHA」が反物質も通常の物質と同様に地球の重力に引っ張られて自由落下することを確認した。
(略)


え?反物質の質量マイナスってこと?初見なんですけど?

【反物質も木から落ちる】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(調整中) [ヌコ] 2023/10/01(日) 11:15:29.35 ID:l1ygVEgM0● BE:837857943-PLT(17930)
「LINEヤフー」発足 事業統廃合、経営を効率化

Zホールディングス(HD)は傘下のIT大手ヤフーやLINE(ライン)と合併し、1日付で新会社「LINEヤフー」が発足した。
金融を中心に重複する事業や組織を統廃合し、経営の効率化を進める。ヤフーとLINEのIDは順次連携して利便性を高め、
顧客の囲い込みも急ぐ。

no title


https://nordot.app/1080870539424105353?c=110564226228225532

【「LINEヤフー」発足】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(調整中) [US] 2023/10/01(日) 16:26:01.44 ID:kPWMhdKf0● BE:121394521-2BP(3112)
(CNN) オーストラリア東部ニューサウスウェールズ州の水上警察幹部は9月30日、同州シドニー市のボタニー湾近くで同日早朝、クジラ1頭と衝突したとみられるボートが転覆し、乗っていた1人が死亡、別の1人が病院に搬送されたと報告した。

写真特集:世界で最も醜い動物?

現場は同湾にある岬の沖合。警官が急行し、2人を救助したが、1人の死亡が確認されたという。

初期情報を踏まえ、クジラはボート近くの海面に躍り出たか、浮上した際にボート本体に衝突した可能性があるとした。ボートは引き揚げられ、科学捜査の検査を受ける予定。

9月30日はオーストラリアで10月6日まで全国的に続く、ボートの安全操縦週間の初日で、救命胴衣の着用の重要性が訴えられていた。地元テレビによると、転覆したボートの2人が救命胴衣を利用していたのかは不明となっている。

豪州の海上安全局は先に、同国沖合では今年、目撃されるクジラの頭数が増えていると警告。遊泳客やボート利用者に対しクジラを見つけた場合、100メートルの距離を保つよう促し、子どものクジラが共にいれば300メートル離れるよう勧告していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/279afa8bec695a29e29ae2c29bcebc50a2478153

【クジラとボートが衝突 2名死傷 シドニー】の続きを読む

1: リトナビル(東京都) [ニダ] 2023/09/30(土) 08:19:04.08 ID:Wy6yFRxr0● BE:509689741-2BP(6000)
ネコにマタタビは安全か 長年の懸念ついに結論

一心不乱に体をすりすり。

マタタビのとりこになるネコ。
その姿は、ことわざどおり。

でも、ここまで酔っぱらった姿を見ると、体に悪い影響があるのでは? という心配も。

そんなモヤモヤを、岩手大学などの研究チームが晴らした。

研究チームは、ネコ13匹にマタタビを3年間与え続けた。

すると、依存性や毒性がなく、肝臓や腎臓にも問題が起きないことがわかった。

結果は、アメリカの科学雑誌「iScience」(電子版)でも公開された。

研究チームは、2年前にもネコとマタタビについて驚きの研究結果を発表している。

それは、「蚊よけ効果」。

マタタビから出る物質を体にすり付けると、蚊が寄りにくくなることがわかっている。

https://www.youtube.com/watch?v=PcfrYMQcsQU

【【朗報】猫ちゃんがマタタビをキメるのは安全だと証明される】の続きを読む

1: イスラトラビル(国際宇宙ステーション) [CN] 2023/09/29(金) 17:43:48.11 ID:fXurLZjn0● BE:415121558-2BP(2000)
イギリスの航空会社「ブリティッシュ・エアウェイズ」の機内で、女性客が死んでいるのが発見された。

9月21日、「ブリティッシュ・エアウェイズ」の348便は、ロンドンにあるヒースロー空港を離陸し、フランスのニースへ向かって飛行していたという。

そして1時間47分遅れの21時7分にニースの空港に着陸し、乗客が手荷物をまとめ始めた時、近くに座っていた女性客が反応を示していないことに気づいたそうだ。

その女性客は73歳とされ、ずっと眠っていると考えられたが、その後死亡していたことが明らかになった。

https://switch-news.com/whole/post-97352/

【乗客もびっくり!眠っていると思われた女性客、機内で死亡していたことが判明】の続きを読む

    このページのトップヘ