ハゲ

1: パイルドライバー(長崎県) [KR] 2022/05/31(火) 21:02:04.33 ID:kB2XQOQ+0● BE:765575576-2BP(2000)

【「育毛剤に除毛剤を入れるぞ!」などとメーカーを脅迫(´・ω・`)】の続きを読む

1: 足4の字固め(秋田県) [US] 2022/05/04(水) 16:27:52.99 ID:ecjBMkTK0● BE:194767121-PLT(13001)
「日本一バズるブロッコリー農家」おすすめ 葉や茎はどうする?無駄なくおいしいレシピ【石川発】
https://news.yahoo.co.jp/articles/dd0261ab822eb4c26c12de2eae61d6da2a5727de

【ブロッコリーを食うとテストステロンが出てはげる可能性も高まるがモテる可能性も高まる】の続きを読む

1: 超竜ボム(ジパング) [ニダ] 2022/05/01(日) 20:50:31.52 ID:6cjuqVhw0 BE:754019341-PLT(12346)
「ヒトの毛髪を生やしたネズミ」公開。薄毛治療に革命か?

https://forbesjapan.com/articles/detail/47186

さまざまなスタートアップ企業の科学者らが「薄毛」の問題解決を可能にする皮膚細胞の作製に取り組んでいる。
とくに、遺伝子工学の最先端を追う生物学者らは、人間の発毛能力を回復できる可能性のある細胞を新たに創り出すことで、薄毛の問題を解決しようとしている。

「ヒトの毛がふさふさと生えているマウス」も公開
スタートアップ企業のdNovo社は、ラボだけでなく動物に対しても毛髪細胞を培養する技術に取り組んでおり、「ヒトの毛がふさふさと生えているマウス」も公開している。
(略)

【薄毛治療に革命 細胞をリプログラミングして培養した毛を移植、発毛力が回復】の続きを読む

1: 緑山タイガ(茸) [ZA] 2022/04/05(火) 21:45:35.50 ID:Us8PArs00● BE:421685208-2BP(4000)
続いては、毛の治療などについて、薄毛など治せるのでしょうか?
理研の生命機能科学研究センター・辻考チームリーダーにお話を伺ったところ、iPS細胞を使って、毛包のモトを作るということはできるそうなのです。どういうことかというと、毛穴の縁にあるのが毛包といった部分なのですが、この毛包というのは、髪の毛を作る工場のような役割を果たしているわけです。
毛包のモトをiPS細胞で作ることは可能。
毛包のモトを頭皮に針で穴を開けて、植えていくそうです。田植えのように。ポイントは毛が正しい方向に入るようにガイドをつける。糸のようなものでガイドをつけて、その植え付けた毛包からガイドに沿って生えるようなやり方をする。そうすると安定した毛穴ができるそうなのです。どんな毛が生えるのか、赤ちゃんのような薄い毛になってしまうのではないかと思いがちですが、理論上では大人の頭皮に植えればしっかりとした大人の毛が生えてくるそうです。
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/9562986afc224ac3295f2b3cf39fb07ae8fe999e&preview=auto

【iPS細胞で薄毛の治療が可能に】の続きを読む

1: エトラビリン(SB-iPhone) [AU] 2022/03/12(土) 21:37:49.72 ID:s0WZOMz10● BE:144189134-2BP(2000)
スプレーするだけで
植物の形質を変える新技術が開発された

異なる品種の交配や遺伝子組み換え、
ゲノム(全遺伝情報)編集などさまざまな方法があるが、
いずれも時間や手間がかかる。

だが理化学研究所、京都大などのチームは最近の研究で、
核酸という遺伝情報物質を、スプレーで植物に吹きつけるだけで
細胞内の小器官に狙い撃ちで送り込み、
形質を左右するタンパク質の合成を効率的に
制御することに世界で初めて成功した。

研究チームは、大豆の耐害虫性の向上を研究していた。
ダイズの天敵はカメムシで、
豆のさやなどから汁を吸い、
ダイズの成長を阻害したり品質を低下させたりする。

産経新聞
https://www.sankei.com/article/20220312-ETG2LNQAXNK55E7NESOM7KMOTA/

【スプレーだけでDAN遺伝子を変える事に成功 髪がフサフサになる 理研(画像あり)】の続きを読む

1: クロオコックス(茸) [US] 2022/02/08(火) 19:23:15.34 ID:Vt5BrY+E0 BE:422186189-PLT(12015)

【オミクロンC、急死の前兆は「毛細血管の血栓による毛根の壊死」】の続きを読む

1: アルマティモナス(東京都) [US] 2022/02/07(月) 10:57:09.53 ID:qjg34AEu0● BE:439992976-PLT(16000)
「薄毛予防」に150万円、正常に判断できなかった21歳…「18・19歳は社会を知らない」

■[18歳成人]期待と不安<2>
この春、146年ぶりに成人となる年齢が変わる。
4月1日、改正民法が施行され、18歳以上が「大人」になるのだ。
若者がより早く社会で活躍する機会が増える一方で、責任は重くなる。
期待と不安が交錯する現場を取材した。

大阪市の会社員男性(26)は21歳だった大学2年の冬、大阪・梅田の美容サロンのネット広告に興味を抱いた。
「薄毛予防」の無料検査をPRしていた。

父親が20歳代で頭髪が薄くなり、自分もそうなるのではと心配していた。
軽い気持ちで検査を受け、スタッフの一言にショックを受けた。「5年後には危ない」

1回2000円の「お試しプラン」にサイン。1か月後には定期的に通うことを求められた。
シャンプーをして頭に薬を塗り込み、3か月で20万円。効果は感じられない。
スタッフに「もうやめる」と伝えると、考え直すよう詰め寄られた。
根負けして2年間で120万円のプランを契約。1年半が過ぎても効果は見えず、通うのをやめた。
150万円近い代金は、居酒屋などのアルバイトを掛け持ちし、月7万円ずつ1年半かけて支払った。

ネットでサロンの口コミを見ると、「強引に高額なプランを契約させられた」と訴える声が多かった。
1年ほど前に通りかかると、既になくなっていた。
「劣等感から周囲に相談できず、正常に判断できなかった」。男性はそう悔やんだ。

異性に好かれたい。立派な会社に就職したい。

トラブルは、そんな心の隙間から入り込んでくる。

福岡県の女性(53)は、大学2年生だった息子(22)からのLINEを見て慌てた。
「ビジネススキルの向上」をうたう教材を約30万円で購入し、
やりたいことが見つかったとうれしそうに連絡してきたのだ。

SNSで接触してきた男と会い、
「月に何百万円も稼いでいる学生もいる」とセミナーに勧誘されたという。
教材の購入契約を結び、ローンを組むためクレジットカードも2枚作っていた。
「契約の重さを理解してないのに、言われるがままにサインしている」。
息子を実家に呼び、夫と2人がかりで説得すると、やっと顔色が変わった。

<省略>


https://news.yahoo.co.jp/articles/fa72db973fcb804fbd52e84eb411172caa3f1e5c

【あなたの頭髪、5年後危ないですよ。やるなら今のうちです。ドーン!!】の続きを読む

1: マレーヤマネコ(宮崎県) [RU] 2022/01/28(金) 10:21:01.20 ID:bm9CKJ7z0● BE:512899213-PLT(27000)
 最近では薄毛や無毛をハゲと呼ばずAGA(Androgenetic Alopecia)と呼ぶようだが、現時点で、一度髪の毛が失われてしまえば、それを取り戻すのは難しい。
 最近の研究では、毛髪が欠乏した部分の毛穴からは幹細胞が流出していることが明らかになっている。
 だが、遺伝子工学の進歩によって一縷の光明が差し込みつつあるようだ。2012年、東京理科大学のグループが無毛のマウスに幹細胞を移植して、人間の毛髪の発毛に成功した。それから10年が経過し、さらに技術が進化しているようだ。『MIT Technology Review』が伝えている。
・遺伝子工学で育毛
 いくつかの新興企業は、最新の遺伝子工学技術を用いて、毛が生えなくなった皮膚に、毛を蘇らせようとしている。
 dNovo社は、マウスの体に人間の髪幹細胞を移植して、マウスの体で人間の髪の毛を培養するという実験を繰り返している。

エルネスト・ルハンCEOによれば、同社は通常の細胞を遺伝的に「再プログラム」することで、新しい毛包を作り出しているのだという。
 髪の毛は「毛包」で作られる。若い頃は健康だった毛包も、男性ホルモン(テストステロン)・加齢・がん・遺伝的な不運・新型コロナウイルスなどのせいで、中の幹細胞が失われていく。これがハゲの原因だ。
 ならば、失われた幹細胞を回復させてやれば、髪の毛も回復すると考えられる。dNovo社はそのために、毛包遺伝子の活動パターンを変化させて、普通の細胞を髪幹細胞に転換している。

https://news.biglobe.ne.jp/trend/0128/kpa_220128_5465980588.html

【失われた髪は取り戻せるのか?薄毛・無毛治療研究の最前線】の続きを読む

    このページのトップヘ