科学・化学

1: 幻の右 ★ 2020/01/23(木) 13:08:31.18 ID:RU2v6K1F9
【記者:Sarah Knapton】
 ひびが入っても自ら修復し、さらには新たな塊を産み出すこともできる「生きたコンクリート」が開発された。砂とバクテリアから作ったもので、荷重を支える構造物としての役割を果たすとともに、再生といった生物としての機能も併せ持つ。

 開発したのは、米コロラド大学ボルダー校の研究チーム。論文の首席著者で生物素材研究室を率いるウィル・シュルーバー博士は「フランケンシュタインのような素材だ」と話す。「まさにそのような素材を開発しようとしている。生き続けるものだ。光合成するシアノバクテリア(ラン藻)を使って骨組みに生体鉱物形成作用を引き起こすので、とても環境に優しい」

 生物素材を開発するために研究チームはまず、ヒドロゲル(水ベースのゲル)と砂で土台を作り、そこでシアノバクテリアを増殖、ミネラル化させた。これは海で貝殻が形成される仕組みと似ている。

 この新素材はただ生きているだけでなく、再生もする。乾燥状態では安定しているが、気温と湿度が上昇すると活性化し、増殖する。半分に割って砂やヒドロゲル、養分を足せば、シアノバクテリアが増殖して完全な二つのブロックに成長する。

 シュルーバー博士の研究チームは、ブロックを一つ一つ作製するのではなく、「親」となる1個のブロックがあれば3世代後には8個まで増殖できることを証明。つまり、素材は現場で成長し、どんな形や大きさにもなり得るということだ。

 研究チームは長い間、コンクリートの代替品となる、環境に優しい素材を追求してきた。コンクリートは地球上で水の次に多く消費される素材で、その製造過程で排出される二酸化炭素(CO2)は全CO2排出量の6%を占める。

 研究チームはこの環境に優しい「グリーン・コンクリート」を5年から10年で実用化できると考えている。今後、今回の手法を別のバクテリアに応用し、大気中から毒素や汚染物を取り除くといったより多くの生物的機能を持った新素材の開発を目指す。

 また、研究チームは、こういった新素材は建築資材が限られる火星や月などの環境で使用するのに最適だと考えている。

 シュルーバー博士は「この素材を建設用ブロックとしてさまざまに応用できると見ている。例えば炭素隔離モルタルや軽量コンクリート、生物活性物質で作った路面や災害時の仮設シェルターなどだ」と説明し、「北極や砂漠、さらには別の惑星など、資源が乏しい環境に特に適していると考えている」「大量のセメントを火星に輸送しない。何かしらの生物学的知識を持ち込むことになるだろう。この技術の創造的な応用に限界はない」と話した。

 研究は米科学誌Matterに掲載された。【翻訳編集】AFPBB News

「テレグラフ」とは:
1855年に創刊された「デーリー・テレグラフ」は英国を代表する朝刊紙で、1994年にはそのオンライン版「テレグラフ」を立ち上げました。 「UK Consumer Website of the Year」、「Digital Publisher of the Year」、「National Newspaper of the Year」、「Columnist of the Year」など、多くの受賞歴があります。

The Telegraph
1/23(木) 10:45
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00010000-clc_teleg-int
5555

【自らひび直し増殖する「生きたコンクリート」、米科学者らが開発】の続きを読む

1: つつじヶ丘の総理大臣 ★ 2020/01/23(木) 16:18:14.63 ID:+fmFqs2P9
2020 1/23 14:31
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00000055-jij-sctch

フランス革命で処刑された王妃マリー・アントワネットは、処刑前夜に一晩にして白髪になった―。
こんな言い伝えがあるほど、強いストレスと白髪は関係が深いと考えられている。
米ハーバード大の研究チームはこのほど、ストレスが白髪をつくるメカニズムを解明し、22日付の英科学誌ネイチャー電子版に論文を掲載した。
研究チームはマウスにストレスを与え、白い毛が生えてくる過程を観察。
ストレスを感じると放出される神経伝達物質のノルアドレナリンが、毛根付近の細胞を過剰に活性化させることが原因だと突き止めた。
毛根付近にある幹細胞は通常、髪が生える過程で徐々に色素細胞に変化し、髪の色素を生成している。
ところが、ノルアドレナリンによって過度に活性化すると、急速に色素細胞へと変わり、枯渇してしまうという。
研究チームは、今回解明されたメカニズムが「ストレスが体の他の部位に与える影響を理解することにもつながる」と期待している。 
no title 【ストレスで白髪、メカニズム解明 米大研究チーム】の続きを読む

1: サンダージョー ★ 2019/12/29(日) 09:24:53.83 ID:CAP_USER
Kat Eschner December 24, 2019
https://vaience.com/biology/20191226-tomato-grape-many/
no title


トマトというのは少し面倒な植物です。枯れやすく十分な日照が必要でツルは絡まりにくく、この美味しい果実は特に狭いスペースでは育てるのが大変なのです。現在ゲノム編集によって研究者たちが作り出したトマトは、低木のようでツルがなく、うまくいけば生産者に完熟ミニトマトの花束を提供できます。

「長年かけて私たちは遺伝子を修正することで開花を制御し植物をもっとコンパクトにする方法を獲得しました。」とニューヨークにあるコールド・スプリング・ハーバー研究所の生物学者であるザッカリー・リップマン氏は話しています。しかし小さく育てて大きな収穫を得るためにどのように特性を組み合わせればいいか方法を確立するまでには時間が掛かったとのことです。リップマン氏は研究仲間とともに研究成果をNature Biotechnology誌に発表しました。

「花を咲かせるすべての植物は、葉を作ることを止め、花を咲かせることを植物に伝えるホルモンを暗号化している普遍的な遺伝子システムを持っています。」とリップマン氏は述べています。自然界ではこの二つの成長期間のバランスがよく取れています。しかし農作物の栽培者は作物の葉を実らせる時の成長段階に重きを置くので大きく育つのです。

しかしながら開花は果実や種(美味しいもの)を実らせるためにありますので、その段階を早める方法もリップマンらは研究しているのです。この研究で開花と果実の成長を早めるためには遺伝子の3番目のコードを編集すればいいことを突き止めました。

最初の2つの遺伝子コードはすでにわかっており、開花と果実の成長の加速に直接作用します。しかし今回の論文で明らかにした3番目の遺伝子は実は茎の長さを制御できるのです。CRISPR-Cas 9という免疫システムを使うことでこの3つ全ての稼働を止めると、40日以内で丈の低いミニトマトの花束を実らせることができるのです。

人間はこの数千年の間世代を超えて、望ましい特性になるよう繁殖させることで作物種の遺伝子工学に取り組んできました。この「繁殖方法というのは、突然変異で収穫高が上がった、または成長が早くなった植物を集中的に繁殖させることで行われてきました。このような作物は伝統的な農場で栽培するにはとても良い方法です。

しかし、現代の生活では新たな環境、あらたな形で栽培することが求められます。そして気候変動の影響に適応し排出を抑えつつ、増加し続ける世界の人口を養うためには急速に革命を起こす必要があるのです。そのためには昔ながらの農法のように数十年かけて栽培するのではなく、すぐに育ててすぐに市場へ出す必要があるのです。そのためにはゲノム編集が行われます。科学者は数十年かけて偶然起こる突然変異を即座に引き起こすことができるのです。

研究チームはこの植物を『都市農法トマト』と名づけました。というのも都市に住む私たちのために作られたものだからです。このような作物は、よりコンパクトに、より効率的に、そして広い農場ではなく垂直農法で育てられるのです。研究チームが開発した方法だと、開花を制御する遺伝子は普遍なので、ほかの作物にも『再現可能』です、とリップマン氏は話しています。

トマトが研究対象となったのにはいくつかの理由があります。サラダやサンドウィッチには緑の野菜とペアでトマトが使われます。これら緑の野菜は現在垂直農法で栽培されている唯一の植物であり、アメリカの様々な地域で行われていて成長産業とみなされています。

また、トマトはほかの果物同様暖かい地域で栽培されアメリカ本土に持ち込まれている価値の高い作物だからです。とリップマン氏は語っています。私たちの食卓にのぼるまでの輸送距離を短縮することは本当の意味での環境保護活動と言えるでしょう。

reference: popular science
https://www.popsci.com/story/science/crispr-tomato-bush/

【ゲノム編集によってブドウ並みに実をつけるトマトが開発される】の続きを読む

1: みつを ★ 2020/01/22(水) 02:21:32.67 ID:SDFhqrkf9
https://japanese.engadget.com/jp-2020-01-20-cellebrite.html?3


スコットランド警察、スマートフォンロック解除ツールの動画を公開。「スマホを迅速に返却するため」
アップルストアも愛用していたという噂も

Kiyoshi Tane
13時間前 in security
2020/01/21


疑者のiPhoneロック解除を求めているさなか、スコットランド警察がスマートフォンロック解除ツールの動作を解説するビデオを公開しました。

このビデオでは警官がツールを使ってスマートフォンからテキストメッセージや写真、カレンダーなどにアクセスしている作業が収録されるとともに、捜査を受ける市民にとってのメリットも主張されています。このロック解除ツールはイスラエルのフォレンジック(法執行機関向けにデバイスのデータ抽出サービスを提供)企業Cellebriteが開発した製品です。同社は「いっき」などで知られるサン電子の子会社であり、同様のデバイスは世界の捜査機関や米国の法執行機関で使用されています。

スコットランド警察は本ツールの使用で、警官がスマートフォンに事件関連の証拠が含まれているかどうかを迅速に判断できるようになり、そのために調査に関係のないデバイスを迅速に返却できると述べています。
(リンク先に続きあり)

動画
https://youtu.be/Z-AFsvnstM0


【スコットランド警察、スマートフォンロック解除ツールの動画を公開。「スマホを迅速に返却するため」イスラエル企業が開発】の続きを読む

1: 猪木いっぱい ★ 2020/01/19(日) 23:30:16.09 ID:thDc2Tu69
新しく設立されたテクノロジー企業であるMojo Visionは、世界初の真にインテリジェントなコンタクトレンズであると主張する機能を持つ製品のプロトタイプを発表しました。

このスマートレンズは基本的に、目に装着できる小型のスクリーンです。同社は、道順やスポーツの結果を提供したり、暗闇の中で見ることさえできると言っています。基本的に、それはミニコンピューターです。
これの一番いいところは?誰もそれがそこにあることを知ることはありません!人々がそれを見ることができないように設計されており、製品とマーケティングの上級副社長であるスティーブ・シンクレアによると、同社は相互作用も非常に微妙で、目の動きだけで行われ、誰もいないことを保証したあなたの存在を実感してください。

このタイプの技術には多くの用途があり、可能性は無限であることは言うまでもありません。しかし、規制や基準を遵守するFDAの完全な承認を含む、リリースする前にまだやるべきことがたくさんあります。

特徴

目に見えないことに加えて、コンタクトレンズも目立たないでしょう。目の前の画面が絶えず情報を提供している可能性がありますが、これは会社が望んでいるものではありません。したがって、ユーザーに必要なデータを提供するのは、必要のないときにユーザーを攻撃するのではなく、必要なときに必要なときにだけです。これは特に重要です。なぜなら、スクリーンはコンタクトレンズであるため、目を閉じても表示されたままになるからです。

このすべての背後にある技術も非常に興味深いです。スマートレンズの真ん中にあるのは、14,000インチ/ピクセル(ppi)のピクセル密度を持つ小型のMicroLEDスクリーンです。これは実際、同社によると世界記録です。簡単に比較すると、新しいiPhone 11の網膜のクリスタルスクリーンのピクセル密度はわずか323 ppiで、これはレンズに比べて小さいものです。

ジェームズ・ボンドの映画のように見えますが、このコンタクトレンズは現実のものになりつつあり、多くの人が考えるほど遠くないかもしれません。まだプロトタイプ段階ですが、完全に機能しています。FDAの承認といくつかの荒削りな部分を提出することは別として、ほとんど準備ができています。視覚障害者を対象とする最終製品は、人々の生活を永遠に変える可能性があり、これは非常に刺激的な視点です!

google翻訳
https://misterio.tv/ciencia/el-fin-de-los-smartphones-se-presenta-prototipo-de-una-lente-de-contacto-inteligente
no title

https://youtu.be/tHj_QFFGnyw


【スマートコンタクトレンズのプロトタイプ発表:スマホはついに体内へ】の続きを読む

1: 猪木いっぱい ★ 2020/01/15(水) 04:18:54.45 ID:H5x12tSU9
ウイルスはチベット高原で凍った水の中に何千年も封印された後、米国と中国の科学者が氷を掘り下げて発見した

科学者たちは、氷河の中に、かつてない数十の古代のウイルスを発見しました。

顕著な発見は、チベット高原の15,000年前の氷河を掘った米国と中国のチームによってなされました。

古代の氷の中に含まれていたのは、科学にはまったく知られていない少なくとも28のウイルスグループでした。

古代の微生物の記録により、科学者は地球の進化と気候の歴史を新鮮に見ることができます。

大規模な気候変動が起こると、科学者はこれらの凍結記録がどの微生物が生き残り、未来がどのようになるかについて彼らに教えることを望んでいます。

調査によると、人工の地球温暖化により、世界中の氷河が縮小し、最大数十万年にわたって閉じ込められた微生物やウイルスが放出されています。

著者は、「少なくとも、これは過去の地球気候レジームの診断と情報となりうる微生物およびウイルスのアーカイブの損失につながる可能性がありますが、最悪のシナリオでは、この氷の融解は病原体を環境に放出する可能性があります」

これらの病原体のほとんどすべてが未知であるため、その影響が人間にどのようなものになるかを予測することはほぼ不可能です。

「氷河の氷には多様な微生物が潜んでいるが、関連するウイルスと氷の微生物叢への影響は未調査である」と著者らは論文に書いている。

しかしこれは、2016年にシベリアで炭疽菌病が発生し、2,000頭以上のトナカイが死亡し、96人が病院に担ぎ込まれたケースが当てはまります。

炭疽菌の胞子は何年も生き続けることができ、発生は数十年前の感染したトナカイの死体を解凍する永久凍土の融解によって引き起こされたと考えられています。

これらの病原体のほとんどすべてが未知であるため、その影響が人間にどのようなものになるかを予測することはほぼ不可能です。

google翻訳
https://www.dailystar.co.uk/news/world-news/ancient-mystery-viruses-no-cure-21279905
no title

【15,000年前の氷河で発見された治療法のない古代の未知ウイルス】の続きを読む

1: マーゲイ(店) [EU] 2020/01/15(水) 16:28:04.28 ID:jtLeuWGu0● BE:842343564-2BP(2000)
安全性能に拘った最新の電動バイク
 カナダのモビリティ・カンパニー「DAMON MOTORS INC」は、2020年1月7日から10日にかけて開催された家電・技術見本市「CES2020」」(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)で新型の電動バイク「DAMON Hypersport」を発表しました。
https://bike-news.jp/post/156687

起業家のJay GiraudとDom Kwongによって設立された「DAMON MOTORS INC」によって開発された「DAMON Hypersport」は、世界で最も安全でスマートな電動バイクを目指すために、ロボット工学やAIを採用しています。

 約197PSを発揮する「DAMON Hypersport」は、わずか3秒で60mph(約96.6km/h)まで加速、市街地と高速道路の複合コースで321kmの航続が可能で、3時間で充電することが出来るといいます。
特許取得済みの360o高度警告システム「CoPilot」を登載する「DAMON Hypersport」は、自車の周辺の多数のオブジェクト(車や人など)の速度、方向、などを一度に追跡し、オンボードコンピューターで処理。危険を予測し、LEDやハンドルへの振動、デジタルバックミラーで視覚的にライダーに警告します。

 また、ライダーがブレーキをかけたり揺れたりして警告に反応するたびに、データがクラウドに送信され、システムが学習することで適応力が向上。蓄積されたデータは、その後、すべての「DAMON Hypersport」ユーザーに対して定期的にリリースされ、最適な仕様に改善されるといいます。

同社の発表によると、将来的にはリアルタイムの環境や道路状況情報を使用して、スロットル、ブレーキ、およびその他の制御機能を調整し、バイクがライダーの能力レベル、または道路状況を超えないように制御する機能も利用可能になると予測しているようです。

ボタンひとつでバイクが変形
 優れた走行性能と環境性能、安全性能を両立する「DAMON Hypersport」では、ボタンを押すだけで、ウインドシールド・ハンドル、シート、フットペグの一が自動で変更さる「SHIFT」機能も登載されています。

「SHIFT」機能には街乗りに最適なコミューターモードと、アグレッシブなライディングに最適なスポーツモードの2つのモードが備えられています。
これまで、「DAMON Hypersport」のような高性能電動バイクとしてArc製「Vector」などが発表されてきましたが、それらのモデルは1000万円を超えるプライスがつけられることもありました。今回発表された「DAMON Hypersport」ではより現実的な2万ポンド(日本円で約285万2220円)で販売されると発表されています。

 なお、「DAMON Hypersport」は「CES2020」において、特に優れた製品にのみ送られる「イノベーションアワード」を受賞しています。

【琥珀色の男の夢がいきなり実現してしまう!ボタン一つで変形するバイク登場】の続きを読む

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/01/15(水) 11:55:20.98 ID:rFddYivf9
→100%生きている細胞で生体ロボット「ゼノボット」が開発された
→細胞は全てカエルの受精卵から採取された
→ゼノボットは人間のプログラムした以外の行動が行えず、プログラムを死ぬまで忠実に実行する

用途別にプログラムと再設計が可能な生体ロボットは、これまでSFの専売特許でしたが、ついに現実世界でも実現しました。

100%生きている細胞からできており、プログラム通りに自律運動が可能な生きてるロボット「ゼノボット」の開発に成功したのです。

ゼノボットは細胞で構成されているために生き物 とも言えますが、機械のように人間が決めたプログラム以外の行動が一切行えません。

全ての細胞は死に絶えるまで、なんの疑問も感じずに人間のプログラムどおりの動作を反復します。

この生物機械はバーモント大学で進化ロボティクスの研究をしているジョッシュ・ボンガード氏と、タフツ大学の生物学者マイケル・レビン氏らの研究グループが、1月13日、学術雑誌「PANS」にて発表しました。

A scalable pipeline for designing reconfigurable organisms
https://www.pnas.org/content/early/2020/01/07/1910837117
no title

■ゼノボットは生き物なのか? ロボットなのか?

ロボット工学者のジョシュア・ボンガード氏はゼノボットについて

「これらは、従来のロボットでも既知の動物種でもありません。これは人工の新しい区分です。つまり、プログラム可能な生命です」と述べています。

ゼノボットの細胞の遺伝子は疑いもなくカエルのものです。

名前の「ゼノ」の部分も、アフリカツメガエルの学名である「Xenopus(ゼノーパス)」からとられています。

ゼノボットの個々の細胞は生命活動を行っており、酸素を利用した呼吸をし、細胞内に蓄えた栄養を代謝し、最後は飢えて死にます。

ですが、ゼノボットの形は人工的に組み上げられており、カエルの面影は全くありません。

その行動も生身のカエルと違って、ゼノボットは人間が設定したプログラムに逆らうことはできません。

唯一の存在理由は機械と同じく、人間の指示通り働くことなのです。
no title


■ゼノボットの設計

ゼノボットを作るにあたり、研究者たちはまず、単純な直線移動が可能な、基本モデルを「進化的アルゴリズム」を用いて設計しました。

進化的アルゴリズムによる設計とは一種のシミュレーションです。

仮想空間においてランダムな細胞の配置がなされた塊を作り出し、その中で偶然運動能力を持った細胞塊をベースに(他は消去される)次世代を形成させます。

その次世代のなかから、さらに優秀な運動能力を持つものを選別します。

この過程を繰り返すことで、擬似的な適者生存のルールをプログラムに当てはめる方法です。

また研究者たちは初期設定に仕様される細胞の塊を均一な細胞ではなく、皮膚と筋肉を混ぜた形に設定しました。

外郭を作る皮膚と駆動体である筋肉は、生体ロボットを作るには最低限、必要な細胞だと判断されたからです。

コンピューター内部の仮想空間で100世代が過ぎた頃には、4本脚の動物から頭と尻尾と前脚を取り除いたような、胸と後ろ足だけを持つ2本脚の奇妙なデザインの細胞塊が、最適解として選抜されました。

no title


no title


続きはソースで

https://nazology.net/archives/50540

【カエルの生きた細胞だけを使った「生体ロボット」の作成に初成功 バーモント大】の続きを読む

    このページのトップヘ