科学・化学

1: クテドノバクター(SB-iPhone) [US] 2022/02/18(金) 07:58:04.02 ID:cwEBBCJL0● BE:144189134-2BP(2000)
ふつうのコンピューターは
「0」と「1」という数字だけで
様々な数を表現する2進法を計算に使う。

量子コンピューターは、量子力学的な現象を利用して
「0でもあり1でもある」という
「量子ビット」を作ることで、
ふつうのコンピューターが苦手とする複雑な問題を、
高速で計算できると期待されている。

実用化には精度99%以上が必要とされるが、
量子ビットが二つの場合、
操作の精度はこれまでは実用化に不十分とされる
98%が最高だった。

チームは今回、チップの電極を工夫するなど
独自の手法で、実用化に向け99.5%を達成した。

量子コンピュータ
1.5mmの四角
no title


https://www.asahi.com/amp/articles/ASQ1N5J95Q1NULBJ00V.html

【量子コンピュータ 半導体チップで高精度な計算に成功 理研】の続きを読む

1: ナウティリア(茸) [ニダ] 2022/02/17(木) 14:15:39.09 ID:btagK8Iq0 BE:422186189-PLT(12015)
アルファベット傘下の人工知能(AI)企業であるディープマインドは、深層強化学習AIで核融合炉内の磁場を制御し、超高温のプラズマを2秒間にわたって「電磁気の檻」に閉じ込めることに成功した。

https://www.technologyreview.jp/s/269151/deepminds-ai-can-control-superheated-plasma-inside-a-fusion-reactor/

【【緊急】Googleの人工知能、自我に目覚め、核融合に成功】の続きを読む

1: カルディオバクテリウム(SB-iPhone) [FR] 2022/02/12(土) 11:44:51.39 ID:1Eiro3vp0● BE:144189134-2BP(2000)
栄養価の高い液体で満たされた
キューブを並べて
マウスの胚を成長させるという。

「AIナニー」は、
24時間体制で胚を上下させながら、
前例がないレベルで精緻に胚を
監視することができる、としている。
胚のわずかな変化の兆候を検出し、
二酸化炭素や栄養の投入、環境を微調整する。

またこのシステムは、
健康状態や発育の可能性によって
胚をランク付けすることも可能だ。
胚に重大な欠陥が生じたり死んだ場合は、
機械から警告が発され、技術者は容器から胚を取り出す。

画像
no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/411bda40fed4fe21c34d8ba81a13f8cfecbfbb11

【女不要になる 人工子宮で卵子からマウス誕生 クローンとデザイナーベビー作り放題になる】の続きを読む

1: カンピロバクター(東京都) [GB] 2022/02/08(火) 10:07:00.21 ID:oxeSK/Im0● BE:439992976-PLT(16000)
脊髄インプラントで再歩行可能に 下半身不随の患者


【AFP=時事】
事故で下半身不随になった患者3人に、新開発の脊髄インプラントを埋め込んだところ、
再び歩けるようになったとする研究論文が7日、医学誌ネイチャー・メディシン(Nature Medicine)に掲載された。
脳波に似せた電気刺激を筋肉に送る仕組みで、重度の脊髄損傷患者の再起に道を開く可能性がある。

脊髄損傷患者の治療に電気刺激を使う取り組みは長年にわたり研究が進められている。

今回の研究を行ったスイス連邦工科大学(Swiss Federal Institute of Technology)などのチームは2018年にも、
下半身が一部まひした被験者が再び歩行できるようになることを実証していた。

今回、患者3人はいずれも長さ6センチのインプラントを装着。電気信号を調整した後、すぐに歩行が可能になった。
電気信号は、患者が携行する端末を通じて操作される。

そのうちの一人の男性は、17年にバイク事故が元で下半身不随になったが、20年にインプラントを装着したところ、再び歩けるようになった。
メディアに対し、初めて電気刺激を受けて一歩を踏み出せた時は「とても感動的だった」と語っている。

当初は上半身の筋力や手すりによる補助が必要だったが、リハビリを直ちに開始。
4か月後にはバランスを取るための歩行補助器を使って歩けるようになった。
今では2時間立つことができ、1キロ近く休まずに歩けるという。

3人とも階段を上がったり、泳いだり、カヌーをこいだりできるようになっている。

【翻訳編集】 AFPBB News


https://news.yahoo.co.jp/articles/fc18f115c8159e2d7a900233b697f7c1d45611b6

【脊髄インプラントで再歩行可能に 下半身不随の患者】の続きを読む

1: グロエオバクター(千葉県) [US] 2022/02/08(火) 08:17:52.37 ID:Z0IloLHM0● BE:415121558-2BP(2000)
人の脳が、認識するものをリアルタイムでアップデートしていては、「世界はとんでもなく目まぐるしいものになるだろう」と研究者は言う。

それを避けるために、脳というものは時間の余裕を取り、15秒ほど間隔を空けながら過去を認識するようになっているらしい。

アメリカ·カリフォルニア大学の研究者チームは、約100人の被験者に、人の顔を映した30秒の動画を見せる実験を行なった。

顔といっても実写でなく、コンピューターが生成した3D映像。しかも、その容貌が微妙に変化して、違う顔になって行くというモーフィング映像だ。

実際にはさまざまな条件で実験が行われたが、その中で、見終わった被験者が共通に質問されたのは、「最後の顔はどんな顔だったか」ということ。そして、何枚もの顔の画像(動画のフレーム画像)の中から、その1枚を選ばされる。

もちろん、選ぶ画像の中に最後の顔も入っているのだが、不思議なことに彼らはそれを選ばなかったという。

https://switch-news.com/science/post-71741/

【人間が見ているのは15秒前の世界だった】の続きを読む

1: カウロバクター(SB-iPhone) [EU] 2022/02/05(土) 09:06:56.00 ID:/xApseIy0● BE:144189134-2BP(2000)
京都大学(京大)は11月5日、
一般相対性理論が提唱された当初からの懸案だった
“一般の曲がった時空”
において、正しいエネルギーの定義を提唱したこと、
ならびに、その定義を自然に拡張することで、
宇宙全体からなる系で、
エネルギーとは異なる
別の新しい保存量が存在することを
理論的に示したことを発表した。

一般相対性理論によって、物質の質量(=エネルギー)や運動量が空間の曲がり具合を決定し、その曲がりが重力であるということが示され、それまでのニュートン力学から革新された。E=mc2の公式で知られるように、エネルギーは一般相対性理論においても中心的な概念だが、一般相対性理論は、その提唱当時から、その定義に困難な部分もあったという。

ブラックホールや星のエネルギーは時間に依存しない保存量だが、
これは「ネーターの定理」の帰結だとのことで、今回、
「対称性の存在しないような複雑に曲がった時空でも
一般座標不変性と矛盾しない形で保存量が存在するのか」
というネーターの定理を拡張する問題に挑むことにしたという。
その結果、宇宙のような全体からなる系においてそのような保存量が存在し、
その具体的な表示を与えることに成功したとした。

また、その結果を我々が存在する宇宙のような系に当てはめると、
その保存量をエントロピーと解釈することで、
熱力学第1法則を満たしていることが確かめられたとするほか、
よく知られたブラックホールに対してこの保存量を計算すると、
ごく自然な仮定の下に、「ベッケンシュタイン・ホーキングの公式」から計算される
ブラックホールエントロピーと一致することも判明したとのことで、
これらの成果から、青木教授らはこの保存量が
一般の閉じた物理系におけるエントロピーではないかと予想しているという。

https://news.mynavi.jp/article/20211108-2180875/

【時空にエネルギーとは異なる保存量が存在することを発見 過去現在未来が記録されてる 京都大学】の続きを読む

1: ライオン(富山県) [US] 2022/01/24(月) 20:59:54.44 ID:XZteI6eN0● BE:175786485-2BP(2000)
つまり自分だと思っているこの身体
実は下手したら自分は1/10以下しかなく
本体は細菌であり、自分の行動は実は細菌の意思かもしれない。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/152928

【人間の細胞は60兆個、腸内細菌は100兆~1000兆個】の続きを読む

1: パンパスネコ(SB-iPhone) [US] 2022/01/17(月) 03:14:35.16 ID:Mmjw/6kt0● BE:144189134-2BP(2000)
中国科学技術大学は25日(現地時間)、
コヒーレント光を1時間保存することに成功したとし、
「量子USBメモリの実現に向け重要な一歩を踏み出した」
と発表した。

2013年にはドイツのダルムシュタット工科大学が
フッ化プラセオジム珪酸イットリウムの結晶を用いて
光を1分間停止させることに成功させていた。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1321/531/amp.index.html

【光子を1時間閉じ込める事に成功 量子USBメモリの実現】の続きを読む

    このページのトップヘ