科学・化学

0b5a282537c5d0ff090b1112bf8b4c24-500x332
1: わふー ◆wahuu.ppsw 2012/03/30(金) 11:51:43.79
神がいるとしか…

【水が0度で凍って100度で沸騰するのってすごいよな…】の続きを読む

adpDSC_8163
1: チェーン攻撃(北海道) [CN] 2019/07/22(月) 14:55:42.44 ID:P+1Xzk0X0 BE:422186189-PLT(12015)
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
東北大大学院医学系研究科の青木正志教授(神経内科)らの研究チームが、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を
用いて「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者の運動神経細胞に異常を引き起こす因子となる遺伝子を新たに
特定したと発表した。ALSの進行を抑えられる可能性があり、数年以内の臨床試験を目指す。

グループは、ALS患者2人と健常者1人の皮膚から採取した組織によるiPS細胞で、運動に関わる神経細胞
「運動ニューロン」を作製し、形態などを比較した。

患者の運動ニューロンでは、軸索と呼ばれる突起部分が枝分かれする異常が生じていた。因子を解析した結果、
「Fos-B」と呼ばれる遺伝子の増加が関連していることを確認した。

ALSは脳や脊髄の神経細胞の障害により、全身の筋力が低下する難病。患者は国内で約1万人に上る。
患者本人の病変した組織の検体を採ることは難しく、原因の解明や根本的な治療法の確立が困難だった。
さまざまな細胞に分化するiPS細胞を活用することで病態の一端が解明できた。

特定の遺伝子の発現を抑える薬の開発は既に進んでいる。青木教授は「今後、確認された遺伝子の抑制による
治療効果や安全性の研究を重ねたい。ALS患者に共通する病態である可能性が高く、早期の治療につなげたい」と話す。
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190709_13024.html

【【速報】 難病ALSの原因遺伝子を特定、東北大学の青木正志教授ら、またもノーベル賞か 】の続きを読む

gahag-0077127139-1
1: すらいむ ★ 2019/07/24(水) 11:59:42.86 ID:y0YGkgCP9
動物の体内で人の臓器づくりを了承

 文部科学省の専門委員会は24日、東京大のチームが計画している、iPS細胞を使って動物の体内で人の膵臓をつくる研究の実施を了承した。
 移植医療への応用が目的で、こうした研究が認められるのは国内初。

共同通信 2019/7/24 11:53 (JST)
https://this.kiji.is/526593493870396513

【【科学】動物の体内でヒトの臓器を作る研究を初承認 文科省  】の続きを読む

egg_ware_white
1: ミッドナイトエクスプレス(東京都) [ニダ] 2019/07/21(日) 13:23:21.70 ID:V4tmlb3i0● BE:373518844-PLT(15931)
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_02.gif
約1か月前に発生した炎上騒動が、その後、意外な形で展開していたことが読者からの情報提供で発覚した。
(略)
「卵を二つ割ってそれぞれラップをする。片方の卵にはバカと書いて、もう片方の卵にはありがとうと書く。
ありがとう卵には朝晩に『ありがとう』『感謝します』と言う」。
3週間後、「バカ」と書かれた卵は腐ってしまったが、「ありがとう」と書いて感謝の声をかけ続けた卵には
ほぼ変化が見られないとのことで、両者を比較した画像を公開した。
(略)
http://tanteiwatch.com/wp-content/uploads/2019/07/013.jpg
「本当はバカ卵の方にも『バカ』『無理だ』『ついてない』とか言うともっとハッキリと差がでますよ。でも初日に
言ったら気分が悪くなったので言うのやめたんです」。「言葉の波動が有機物に影響を与える」、「感情や思考も
素粒子レベルではエネルギーなので、卵はそのエネルギーの影響を受けた」と考えていると、持論を展開した。
実験を行った人物はツイートへの反響の大きさに驚いたと述べて、「数が増えれば非好意的なリツイートや
コメントが増えるのはパレートの法則で必然ですね」と書いた。建築会社を経営する傍ら、コンサルティングや
コーチングにも関わっているそうで、「セミナーでの話のネタになりますよ。面白可笑しく話をまとめておくつもりです」という。
その後、実験を再度行うことを宣言した。一方、本件の反響の大きさを知って、自身も再現実験を試みると名乗りを
上げた人々もいる。その中でも注目されたのが、東京理科大学の学生であるという人物による実験だった。
(略)
大学生による実験は3週間にわたって行われ、その暫定的な結果が公表された。当初から予想されていた通り、ラップを
かけた卵は元の形を保っているのに対し、ラップをかけていない卵は腐っている。
(略)
http://tanteiwatch.com/wp-content/uploads/2019/07/081.jpg
ちなみに、建築会社を経営する男性も、再実験の結果を公表した。前回と同じ条件で、9日間にわたって観察したという。
その結果、「ありがとう」と声をかけた卵が腐るという、前回とは逆の結果になったと報告した。
(略)
http://tanteiwatch.com/wp-content/uploads/2019/07/10.jpg
(略)

記事全文とそのほかの画像一覧 http://tanteiwatch.com/72812

【【疑似科学】「ありがとうと声をかけ続けると卵は腐らない」→オカルトだと炎上→理科大生が検証で論破 】の続きを読む

kouseki_daiza8_clear
1: すらいむ ★ 2019/08/08(木) 14:37:54.73 ID:wGqOFcHl9
新鉱物「日立鉱」発見 材料開発の応用に期待 東北大などのグループ

 東北大などの研究グループが7日、茨城県の日立鉱山で採取された鉱石の中から新鉱物を見つけたと発表した。
 グループは「日立鉱」と命名。
 結晶構造を調べた結果、新材料開発への応用が期待できるという。

 日立鉱は鉛とビスマス、テルル、硫黄という四つの元素を含む硫化鉱物で、分析した際の断面の幅は0.1ミリ以下。
 特別な電子構造を持つトポロジカル絶縁体・超伝導体物質と結晶構造が似ており、今回の発見が同物質の研究に生かされる可能性がある。

 発見の中心となったのは、東北大大学院理学研究科の栗林貴弘准教授(鉱物学)。
 2015年秋ごろ、国立研究開発法人「海洋研究開発機構」(神奈川県横須賀市)から分析を依頼され、茨城県つくば市の放射光施設などを使い、結晶構造を特定した。

 栗林准教授は「新鉱物の発見に携われてうれしい。材料科学にも応用できる意味のある発見だ」と話した。

河北新報 8/8(木) 12:11
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000013-khks-soci

【【科学】新鉱物 “日立鉱” 発見、東北大などのグループ 材料開発の応用に期待  】の続きを読む

medical_saiketsukan2
1: すらいむ ★ 2019/08/08(木) 14:46:20.67 ID:wGqOFcHl9
新ヒト血液型「KANNO」 福島医大の大戸教授ら発見

 福島医大総括副学長の大戸斉(ひとし)教授らの共同研究チームが発見した新たなヒト血液型「KANNO(カノ)」が五日までに国際輸血学会の血液型命名委員会に認定された。日本の研究グループが血液型を特定し、国際認定を受けるのは初めて。

 福島医大、国立国際医療研究センターなどが五日、発表した。KANNOは三十七種類目の血液型となる。

 研究には大戸教授や国立国際医療研究センター・ゲノム医科学プロジェクトの徳永勝士プロジェクト長らが参加した。
KANNOが表れる要因には脳に多く存在し、クロイツフェルト・ヤコブ病などを引き起こすプリオンタンパク質の変異が影響しているという。

 血液型には一般的に知られるABOやRh以外にも多くの型が存在し、三十六種類が国際輸血学会に登録されている。
研究チームは一九九一(平成三)年に福島医大付属病院で採った血液が新たな血液型である可能性があるとみて研究を開始。
以降、国内で報告された同様の性質を持つ血液十数例とともに先端的なゲノム解析技術で分析し、新たなタイプと突き止めた。

福島民報 8/6(火) 9:36
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00000008-fminpo-l07

【【科学】日本の研究グループ、新しいヒト血液型「KANNO」(カノ)を発見、国際認定 37種類目の血液型、プリオン変異が関与  】の続きを読む

pet_cat_nekosui
1: ガーディス ★ 2019/07/26(金) 05:22:24.54 ID:uyPBpfM09
ワシントン州立大学の Patricia Pendry準教授らのチームがジャーナル「AERA Open」に発表したところによると、10分程度犬や猫をモフった被験者らのストレスホルモンに著しい減少が見られたとのこと。

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2019-07/wsu-sds071519.php

実験室ではなく一般的な生活空間でのこうした実験で、主要なストレスホルモンであるコルチゾールレベルの低下が観測されたのは初めてのことです。

実験では249人の大学生の被験者が無作為に4つのグループに分類されました。最初のグループは10分間数匹の犬猫と実際の交流を持ちます。ここで被験者らは犬猫と好きなようにモフったり遊んだりしながらくつろげます。

2つ目のグループはモフっている人々を観察させられます。3つ目のグループはこれからモフれる犬猫をスライドショーで見せられます。四つ目のグループは何も無しで待機となります。

いずれのグループも次に犬猫をモフれると知らされており、またスマホや本など気を逸らすものなし待たされます。また、コルチゾールのサンプルは各被験者から唾液によって朝起きた時に摂取されています。

これらのデータを集計した結果、直接犬猫をモフったグループの被験者らのモフり後の唾液ではコルチゾールのレベルが著しく低下していました。この結果は元々コルチゾールのレベルが高かった被験者にも低かった被験者にも同様の結果が見られたとのこと。

Pendry準教授は「犬猫をモフることを学生達が楽しんでいることも、そこからポジティブな感情を経験していることも知っていました。でも私たちはそのことをより客観的なやり方で示したかったのです。ストレスホルモンの減少は長期的な心身の健康に大きな利益となるから」と語っています。

現在Pendry準教授らは研究を進めており、今は4週間に渡る動物の力を借りたストレス軽減のプログラムを実験中とのこと。なんとも羨ましい実験です。

これを機に各企業に仮眠室や託児所と共に犬猫モフり室が完備され、犬猫カフェに健康保険が適用されるような、誰にとっても素晴らしい社会が到来することを願ってやみません。

https://buzzap.jp/news/20190724-petting-cats-and-dogs/
https://buzzap.net/images/2019/07/24/petting-cats-and-dogs/02.jpg

【犬や猫を10分モフるだけでストレスホルモンが大幅減少、ようやく科学が証明 】の続きを読む

bg_moon_getsumen
1: ガーネットスター(宮城県) [US] 2019/08/18(日) 19:22:44.27 ID:UVTBVyMQ0● BE:601381941-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
探査機に乗せたクマムシ、月面で生息も 月に託した人類再生計画

(CNN) 今年4月、月面に墜落したイスラエルの探査機「ベレシート」に乗せられていた数千匹の「クマムシ」は、
月で生き延びていずれ息を吹き返すかもしれない――。プロジェクト関係者がそんな見通しを明らかにした。

クマムシは緩歩動物と呼ばれる微小生物で、体長は1ミリに満たず、超低温などの過酷な環境に耐えられる
驚異的な生命力をもつ。非営利組織のアーチミッション財団は、脱水状態にさせたクマムシ数千匹をベレシートに
乗せて宇宙へ送り出していた。

https://www.cnn.co.jp/storage/2019/08/08/b166b8987b916f1fde42b6ed8606c1d1/t/768/432/d/tardigrade-stock-super-169.jpg

これは月に「ノアの箱舟」を送り込む試みの一環だった。ベレシートにはクマムシのほかにも、地球に関する
3000万ページ分の情報を記録したディスクや、人間のDNAサンプルなどが搭載されていた。

アーチミッション財団の共同創業者ノバ・スピバック氏は、「クマムシは我々が知る限り最強の生命体だ。
惑星の大変動を生き延びることができ、宇宙の真空状態や放射線にも耐えられる」と解説する。

脱水状態にさせたクマムシは、水を与えると息を吹き返す。もしも月面墜落を生き延びた場合、何年もたってから
水を得て動き出す可能性もあるという。

クマムシと一緒に送り込んだ情報も墜落に耐え、遠い未来に人類を再生させる目的で使われることを願うと
スピバック氏は言う。

「うまくいけば、ライブラリーは無傷のまま月面に着地して、何十億年も存在し続けるかもしれない。
遠い未来に、我々の子孫、または人類が滅びた後に進化した未来形の知的生命体が回収してくれる可能性もある」

「我々が送り込んだDNAと細胞を使えば、クローンを作成して人類や動植物をよみがえらせることもできるかもしれない」
とスピバック氏は話している。

https://www.cnn.co.jp/fringe/35141027.html

【月にクマムシを解き放った研究者 「ノアの方舟計画だ。人類絶滅後、知的生命体が人類を復活させる」 】の続きを読む

    このページのトップヘ