食べもの

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [EG] 2024/06/04(火) 17:36:09.02 ID:Ew/OLYqa0 BE:819973909-2BP(2000)
4代続くお餅屋さんで発見!お餅でできたもっふるとは?

野性爆弾・くっきー!さんと国産ジーンズ発祥の地 「倉敷市児島エリア」でお宝探し!
まず、「みたらし団子」などの写真を発見した和菓子好きなくっきー!さん。早速寄ってみることに。お邪魔したのは4代続く餅屋「尾道屋」。話を聞きに店内に入ると「もっふる」というスイーツを発見し早速注文!食べた二人は新たな食感に感動!

no title

no title


昭和27年に創業した老舗のお餅屋さん。
あんこが自慢という塩豆大福と国産のもち米を使用したみたらし団子。
ワッフルの素材をお餅にかえた「もっふる」が人気。

そーす
https://www.ohk.co.jp/data/33401/pages/
4代続くお餅屋さんで発見 お餅でできたもっふるとは?

【もちもちしてるから餅 辛いからカレー 佐藤が好きだから砂糖←こういうの偶然?すごいよね】の続きを読む

1: 【梅】 (ジパング) [NZ] 2024/05/26(日) 08:10:33.01 ID:PcERbfcH0● BE:323057825-PLT(13000)
「明治 エッセル スーパーカップ」の公式X(Twitter)が投稿した、驚きのちょい足しレシピが密かに話題になっています。こ、これは……!?
●スーパーカップに意外なトッピング!?
 アイスの大定番であるスーパーカップ公式Xの“中の人”が今回試食したのは、ネットで話題になっていたという「バニラアイス×わさび」なる、まさかの組み合わせ。
スーパーカップの上に練りわさびを少し搾り、一緒に食べてみると……?
 当初は「この後、ポストしなかったら失敗したと思ってください…」と書いていた“中の人”ですが、
味の感想は思わぬことに「バニラの甘さとわさびの香りが...意外とマッチしてるかも!」との前向きなもの。
また、途中で醤油をかけて味変するのもアリだったそうです。
晴れて公式のお墨付きとなった「バニラアイス×わさび」の組み合わせ、一度試してみたい!

「意外とマッチ!」 明治スーパーカップ、“まさかの調味料”で味変したら…… 「なんやと」「怖いけどやってみたい」
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0525/nlb_240525_4938000349.html
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0525/4938000349/sn240521supercup2_w590_thum500.webp

【【朗報】スーパーカップにわさびを入れると激ウマに!】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [US] 2024/04/19(金) 16:36:39.83 ID:QDLHuCcw0● BE:194767121-PLT(13001)
タケノコ大豊作 異例の安さ…100g38円も!? 好天続き…1本4kg超“おばけサイズ”も
https://news.yahoo.co.jp/articles/cb32763eed7ebe2c6926faf636c728cbc9da9175

タケノコ。不味い。
no title


笹竹。旨い。
no title

【笹竹は旨いけどタケノコは不味いんだよな】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(茸) [EU] 2024/04/13(土) 19:36:39.49 ID:rdbDUnoi0● BE:896590257-PLT(21003)
専門店続々「生ドーナツ」って何? 火付け役は福岡発祥のパン店
2024/4/13 14:50 毎日新聞

ふんわり、しっとり、中にはクリームなどの具材がどっさり。そんな「生ドーナツ」が人気だ。若い女性を中心に長蛇の列ができる有名店も多く、SNS(ネット交流サービス)で話題になっている。各地で専門店の開店が相次ぎ、ワッフルやタピオカのようなブームを呼びつつある。

生ドーナツの火付け役は、福岡市発祥の人気パン店が東京・中目黒に2022年に出店した「I’m donut?」(アイムドーナツ?)とされている。都内や福岡市で店舗を増やし、行列は数時間待ちになることも。SNSで「朝から並んだ」などと話題になっている。

波に乗ろうとカフェやパン店でも生ドーナツの新商品が続々と誕生し、コンビニも商品化。新業態として専門店を展開する企業もある。

https://mainichi.jp/articles/20240412/k00/00m/020/182000c

【生ドーナツにも穴はあるんだよなあ・・・(意味深)】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [KR] 2024/04/03(水) 19:27:39.11 ID:eqMuIdZG0 BE:329591784-PLT(12100)
秋田市の秋田港近くで半世紀にわたり、船員や住民らに愛されている「うどん・そば自販機」が存続の危機にある。

 所有していた商店の閉店後、近隣の「道の駅」に移されたが、最近は不具合が頻発。修理の担当者は「昭和の自販機は仕組みが複雑。ファンのためにも動き続けるまでは面倒を見ていきたい」と話している。(夏目拓真)

 「あんな故障は初めて見た」。レトロな自販機がある秋田市の「道の駅あきた港」のパート従業員の佐原澄夫さん(73)は昨年末、1杯分の料金を入れた客から「うどんが何杯も出てくる」との連絡を受けて驚きを隠せなかった。

◇ 佐原さんが「いよいよ終わりかな」と心配するのは、この自販機は昨年4月、同型の2台を解体して約300の部品を取り出し、良い部品のみで組み立て直したからだ。この大規模な解体修理を手掛けた元大手飲料メーカー社員の伊藤久人さん(63)(五城目町在住)は、「1年で深刻な故障が出るとは思わなかった」とこぼす。

 今も時々、熱湯が出なくなったり、商品はあるのに売り切れランプがついたりする不具合が起きる。そのたびに、電気系統を一から確認しながら原因を究明し、部品を修理したり、同型の自販機の部品と交換したりしている。

 故障は1日で直ることが多いが、3日ほどかかることもある。佐原さんは「50年も十分に働いてくれていると思う。ただ、ファンも多いので自分が直せるところは対応していきたい」、伊藤さんは「部品がある限り、一日でも働いてもらえるようにするのが自分の役割なのかな。できるところまで続けたい」と語った。

 そばとうどんは、2022年2月に税込み250円から300円に値上げしたが、今も休日には約200杯が売れるという。

https://news.livedoor.com/article/detail/26164074/

【レトロな「うどん・そば自販機」が故障頻発で存続の危機】の続きを読む

1: 山下(ジパング)(東京都)(ジパング) [BR] 2024/04/01(月) 13:16:37.88 ID:CioWJ1la0 BE:754019341-PLT(12346)
エイプリルフールのSNS投稿から本当に商品化 亀田製菓が激辛「つらターン」販売開始

https://www.sankei.com/article/20240401-PTDDXLWNXZCJFNHJLA466HNAXI

大手菓子メーカーの「亀田製菓」(本社・新潟市)は、
同社の人気商品「ハッピーターン」の関連商品「つらターン」(35グラム、参考小売価格は120円前後)の販売を1日から期間限定で始めた。
昨年のエイプリルフールにSNSで投稿した内容がユーザーの反響を呼び、今度は本当に「商品化」が実現した。
同社は「エイプリルフールにぴったりな遊び心の詰まった新しい『ハッピーターン』」としている。
(略)

【ハッピーターンと対をなす存在、激辛のつらターン発売】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ヌコ] 2024/03/30(土) 09:38:51.57 ID:ZWv3M6iI0● BE:837857943-PLT(17930)
【話題】日清カップヌードル“謎肉”だけ1箱650円で販売 その名も「謎肉放題」 意外すぎる“アレンジ料理”も

日清カップヌードルから、おなじみの謎肉だけが飛び出し、まさかの商品化で、人気を集めている。

中身は、もちろん謎肉だけ。
カップヌードルの約47食分の謎肉が、これでもかと入っている。

以前からあった、「謎肉だけを販売してほしい」という多くの要望を受け、25日、1箱650円で発売されると、瞬く間に大きな話題になった。

日清のオンラインストアでは、早くも2度も商品の補充をするなど、売り切れ必至の人気商品になっている。

購入した人は、「謎肉をいくら食べても大丈夫!謎肉最強!」「これでカップヌードルを謎肉まみれにできる!」と、喜びが爆発しているようだ。

また、パッケージの裏側では、謎肉を使ったアレンジレシピを紹介。謎肉てんこ盛りのボロネーゼやピーマンの謎肉詰めなど、
ユニークなレシピも満載。

https://news.livedoor.com/article/detail/26136272/
no title

no title

no title

no title

【日清カップヌードル「謎肉」だけ1箱650円で販売 意外すぎるアレンジ料理も【画像】】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(SB-Android) [RU] 2024/03/29(金) 00:13:04.60 ID:IoeEedg+0 BE:718678614-2BP(1500)

【マツコが絶賛した鶏鍋「タットリタン」。本場ソウルの地元民が通う名店を紹介】の続きを読む

    このページのトップヘ