事件

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/10(金) 07:49:39.87 ID:Rb5PoBKc9
小学校の野外学習で岐阜県郡上市のひるがの高原キャンプ場に来ていた愛知県・常滑西小学校5年の下村まなみちゃん(当時10歳)が姿を消したのは2009年7月24日。間もなく10年になる。

事件当日は一般の宿泊客がなく、不審者の目撃情報も皆無。キャンプ場の周辺をはじめ、藪の中や林道の奥、周辺の建物、小川の中など、重機で崖を崩して土の中までも捜索したが、遺留品さえも見つからない。
まさに「消えた」としか言いようがない状況だ。

まなみちゃんは同月24日の朝、他の女児3人と肝試しコースの下見に林道を歩いており、折り返し地点付近にいた学校長が「元気そうだね」と声を掛けると、まなみちゃんは笑顔を見せ、キャンプ場内に架かる橋を渡っていった。

だが、そこから先の目撃情報がない。他の女児たちは後ろを付いてきているはずのまなみちゃんの姿が見えないので、「まなみちゃんがいなくなった」と報告し、行方不明が判明した。

「キャンプ場には取材が殺到し、『もうこれ以上受けられない』と悲鳴を上げている。
警察の捜索もやりつくした感があり、事件当初は『何者かに連れ去られた可能性は低い』とみられていたが、
『何とかして生存していてほしい』と一縷の望みを託すほどになっている」(地元記者)

しかし、どんなに不可思議に見えても、これは悪意ある人間の仕業だ。一刻も早く見つかってほしい。

https://wjn.jp/article/detail/8034509/
掲載日時 2020年01月09日 22時30分

no title

no title

no title

no title

https://日本都市伝説.com/wp/wp-content/uploads/2016/11/mikaiketsu_hiruganokougencamp-2.jpg

【本当にあった恐怖の神隠し事件 2009年7月24日ひるがの高原キャンプ場女児不明事件】の続きを読む

1: 首都圏の虎 ★ 2020/01/05(日) 13:11:06.54 ID:fLF2Dp0j9
年末年始シーズンは、忘年会・新年会などで酒を飲んで遅い時間に帰ってくる、ということもあるだろう。そんな際には、可能であればタクシーを利用するなどして夜道を出歩くことは避けた方が良い、ということを痛感する事件が過去に起きている。

 1999年7月12日、東京都世田谷区にある工場現場内で当時25歳だった女性Aさんが半裸状態で死亡しているのが通行人によって発見された。現場は被害者の自宅と最寄り駅との中間地点にあったが、普段の帰宅コースからは外れていたという。一体彼女の身に何が起きたのか。

 事件前日、Aさんは友人たちと一緒に渋谷のレストランで食事をした後、日をまたぎ午前0時過ぎまで池尻にあるバーで過ごしていたという。解散となった午前0時10分頃、池尻大橋駅にAさんが入っていくのが、最後に確認された姿となった。

 当時は監視カメラが少なかったこともあり、Aさんがどの電車に乗り込んだのかは分かっていない。警察の捜査では、被害者宅の最寄り駅に午前0時24分着、もしくは終電の午前0時34分着の電車にAさんは乗車していたとみているそうだ。そして、これ以降現場までの足取りはつかめていない。

 遺体が発見された工場現場は最寄り駅と住宅との中間地点に位置するものの、北に150メートルほどずれた住宅街だった。いつもなら繁華街のある直線ルートを通って帰宅しているはずだ、とAさんの友人たちは証言したという。

 遺体発見現場近くでは、女子高生が変質者に首を絞められる事件が2度起きており、犯人は捕まっていない。さらに事件当日、黒っぽい服装の怪しい男を見かけたという周辺住民の証言が警察に寄せられたが、犯人逮捕につながることはなかった。女子高生を襲った変質者とAさんの事件には関係があったのだろうか?

 現場からはAさんのサンダル、ショルダーバックがなくなっており、警察は通り魔的な犯行だったとみていたそうだ。

 なぜAさんは事件当日に限って帰宅ルートを変えたのだろうか。遺体が発見された現場は住宅街の中だったが、路地が入り組んでいるため人気が少ない場所だったという。夜に出歩いたり酒に酔って足元がおぼつかなかったりしても、むやみに帰宅ルートを変えることはやめた方が良いだろう。

no title


2020年1月4日 22時0分
リアルライブ
https://news.livedoor.com/article/detail/17618819/

【【未解決事件】半裸状態で殺害された25歳OL、事件当日に限って帰宅ルートを変えた理由とは】の続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/03(金) 05:57:37.85 ID:XcsHJphm9
風船の名は「ファンタジー号」、乗り込んだ男の名は鈴木嘉和。自作のゴンドラ風船に乗ってアメリカへ飛んだ男はあれから二十数年、現在も行方知れずのままだ。

“事件”は1992年11月23日に起きた。滋賀県の琵琶湖畔より、大小26個の風船を檜の風呂桶にくくりつけた鈴木は、「アメリカに行ってきます」と言い残し、ふわりと空に舞い上がった。

鈴木の挑戦は、出発前から無謀だった。
「ヘリウムガスを詰めた風船に乗って、高度1万メートルに上昇すれば約40時間でサンフランシスコに行ける」計画だったが、もとより彼の自作ゴンドラにはそんな機能も耐久性もなかった。

当日の天気は晴れ、北西の風1メートル。その様子を見ていた地元タクシー運転手はこう語る。

「風船は重りを積み過ぎていたのか、あまり高く上がらなかったね。
風船もパンパンではなく、ちょっとたるんだ感じになっていたから、アメリカは厳しいなあ…って」

そう、この風船には決定的な欠点があった。
アメリカに行くには、最低でも高度6000メートル以上のジェット気流に乗らなければならないが、この風船は5000メートルにすら上昇することができなかったのだ。

餓死、凍死、墜落死……あるいは帰国している可能性も?

そして出発から40時間後の25日午前8時30分。
彼はアメリカではなく、宮城県金華山沖800キロ、高度2500メートル地点を漂っていた。
距離にすると、琵琶湖からはまだ1400キロほど。
40時間で1万2000キロを飛んでいるはずが、予定時間を過ぎても約10分の1以下。
思えば、ここでギブアップしても良かったのに…、誰もがそう思った。

その後は海上保安庁の捜索機が彼の生存を確認したのが最後。
前日夜半の救難信号を受けて発進したが、捜索機がゴンドラを見つけると彼は手を振ったり、
ゴンドラから荷物を次々に投げ落として高度を上げたため“飛行意志あり”と見なされ、3時間の監視の後に捜索機は帰還した。

風船は1日に約1割ほどガスが抜け、放っておいても勝手に高度が下がる状態であったが、識者の見解では、
「捜索機の最終確認から早くて3日、最長でも1週間で高度はゼロになっただろう」という。

彼が25日にいた北緯約40度・東経153度地点、そこを吹いた風の向き、台風の位置、気圧、その他さまざまな条件を考えると、
彼は目指す東の方角からやや北に流されはじめ、千島列島の島々と並行するように飛んでいったことが予想される。
とすると、彼はロシアのカムチャッカ半島界隈まで飛べたことになる。だが、残念だがまだ陸地には届いていない。
ベーリング海手前の太平洋上だ。
ここまで餓死や凍死、墜落死などをしていなければ、風船おじさんは見事着水。
今度は風まかせではなく、潮にまかせて、親潮に乗って東北の三陸海岸、場合によっては千葉の九十九里海岸まで戻されているのかもしれない。
そう、風船おじさんは日本に帰っているかもしれないのだ。
仮に本人は見つからなくても、せめてゴンドラだけは見つけたい。
手がかりは、ゴンドラに書かれた『ファンタジー号』の文字。日本のどこかに流れ着き、ひょっこり我々の目の前に再び現れることを祈らずにはいられないのだ。

https://www.excite.co.jp/news/article/Weeklyjn_21326/
2020年1月3日 01:30

https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20140213%2F83%2F876703%2F12%2F201x201x8d2da0e6687aad8d71ad1eca.jpg&twidth=1200&theight=1200&qlt=80&res_format=jpg
no title

no title

no title



https://www.youtube.com/watch?v=yh2KXz6Io2w


風船おじさん PartⅠ(1992年4月20日)

【本当にあった恐怖の神隠し事件 1992年11月「風船おじさん」行方不明事件】の続きを読む

1: 猪木いっぱい ★ 2019/12/08(日) 21:39:11.69 ID:sh/Stspb9
警察は、猫が乳母車で寝ていたときに生後9ヶ月の女児を殺したと言います。

少女の母親が家事を終え、娘を確認するために裏庭に来た後、当局は通報を受けた。

彼女は家族の猫が赤ちゃんの顔の上に横たわっているのを見ました。
猫が飛び降りたとき、彼女は娘のアレクサンドラが息をしていないことに気づきました。

22歳のスネザナという名前のウクライナ人の母親は、救急隊員を呼びましたが、窒息で亡くなった赤ちゃんを救うことができませんでした。

現場に参加した衛生兵のハリーナ・ザハルチュクは、猫が暖を取るために乳母車の中に入ったようだと言いました。

「私たちが来たとき、赤ちゃんはまだ温かかった」と彼女は言った。
「私たちは助けられませんでした...私たちは彼女を30~40分間蘇生させようとしていました。」

地元の警察は、猫が赤ちゃんの頭の上で寝ていたことを確認しました。

「死体は法医学の専門家に送られ、検死が行われた」と捜査官は述べ、死が偶発的なものとして扱われていることを確認した。

「専門家の予備的な意見は、それは窒息だったということです。赤ちゃんの体にこれ以上の損傷はありません。」

赤ちゃんはスネザナの夫アレクサンダーとの唯一の子供でした。

解説:とても残念な事故。寒い日、猫は顔の上に座ってくるので乳幼児のいるご家庭は注意を

google翻訳
https://7news.com.au/news/animals/tragedy-as-pet-cat-kills-nine-month-old-ukrainian-girl-as-she-sleeps-c-588349
no title

no title

【【猫】生後9ヶ月の赤ちゃん殺人事件!犯人は1匹のネコ 】の続きを読む

1: フロントネックロック(茸) [CH] 2019/11/17(日) 18:38:20.61 ID:XSDXl2a90● BE:632443795-2BP(10000)
sssp://img.5ch.net/ico/gikog_pimiento.gif
千本のビデオテープと二千人の顧客名簿が握りつぶされたプチエンジェル事件、容疑者の不可解な自殺方法とは【未解決事件ファイル】

 2003年7月中旬、東京都赤坂にあるマンションの一室で当時小学6年生だった少女4人が誘拐・監禁される事件が発生した。逃げ出した少女の証言をもとに警察が捜査を行った結果、渋谷を中心に活動していた児童買春グループの存在が明らかになる。
しかし、顧客名簿が明らかになるや、捜査は打ち切られてしまい真相は闇の中に消えていった。

 事の発端は2003年7月上旬、監禁された少女の一人が渋谷で事件の犯人である当時29歳のAと出会うことから始まる。Aは非合法の未成年デートクラブ「プチエンジェル」の経営者で、渋谷や新宿を中心に少女を勧誘し、
「カラオケ5,000円、下着提供10,000円、裸体撮影10,000円」といった行為を斡旋していた。

 Aと何度か携帯電話を通じ連絡を取った少女は、7月13日に赤坂にあるマンションの清掃を依頼される。この時、他に3人の少女も同時にマンションの清掃を依頼されており、渋谷駅で待ち合わせた後に車で現地に向かったという。そしてAによって監禁されてしまった。

 すぐに少女らの家族によって捜索願が提出され、警察による捜索が開始。警察は早々に犯人がAであることを掴み、別件の児童売春容疑でAの逮捕状を請求した。しかし、7月16日午前9時頃、Aは赤坂のマンションのリビングで練炭自殺を図り死亡。
物音がしなくなったのを確認し逃げ出した少女が花屋に助けを求めたことで、残りの少女達も警察に保護されることになった。

 こうして事件は解決したかのように思えたが、問題はここからである。

 その後の警察の捜査によって、埼玉県久喜市にあるAのアパートから、1,000本以上の児童買春ビデオテープと2,000名にも及ぶ顧客リストが発見されたのだ。顧客リストには医者、弁護士、政治家の名前が多数あったと当時のマスコミは報道した。

 さらに、監禁された少女たちの証言では、A以外にも運転手、赤坂のマンションを借りていた名義人、客引きの3人の共犯者がいたという。大きな組織的犯罪が絡んでいるのではないかとネット上では噂された。
しかし、警察は単独犯であると断定し、顧客リストについても偽名が大半であるとして捜査を打ち切ってしまう。

 ちなみにAの自殺だが、一部マスコミでは他殺説も疑われていた。自殺はビニールを被った状態で練炭自殺を図ったというのだが、普通ならビニールが溶けてしまうのだという。一部報道では、顧客リストに並んだ人物による他殺ではないかという噂も流れた。

 警察によるずさんな捜査のせいか、釈然としない終結を迎えているこの事件。事件を受け、渋谷・新宿では一斉補導が行われ、1,500人以上の少年少女が補導されたという。なお、補導された少年少女たちがAと関係していたかは判明していない。
監禁された少女が通っていた小学校では、「渋谷に行けばお金を貰える」という噂が流れていたそうだ。プチエンジェルが関係しているのか、それとは別の組織が存在していたのか、謎は深まるばかりだ。
https://npn.co.jp/sp/article/detail/37192164/

【お前ら『プチエンジェル事件』について異常に詳しいよな 】の続きを読む

no title
1: 豆次郎 ★ 2019/10/29(火) 00:55:43.77 ID:LBBXGvH+9
10/29(火) 0:36配信
<座間事件>「後悔はある。もっと遊びたかった」 9人殺害・白石被告一問一答(その1)

 2019年9月末から10月にかけ、毎日新聞は6回にわたり白石隆浩被告(29)と拘置所で接見した。白石被告との主な一問一答は以下の通り。

 ◇筋トレと写経の日々、読書は1000冊以上

 ◇▽19年9月27日(1回目)

◎接見予定は午前9時だったが、「(白石被告が)運動しているので遅れる」というアナウンスがあり、10分遅れで接見が始まる。白石被告の髪の毛は肩まで掛かり、口ひげとあごひげを少し蓄えている。

 ◇結婚申し込まれたことも

白石 <記者が自己紹介すると、机につっぷしながら>新聞社かあ(笑い)

記者 新聞社は被告に差し入れをしないから、そのリアクションですか? うちは接見のためにお金は渡せないんですよ。

白石 厳しいんですよね、新聞社さんって。どちらっておっしゃいました?

記者 毎日です。

白石 えーと……他の記者が、前に何度も来てくれてたんだけど、全部接見を断ってて申し訳ないなあって思ってたんです。会う機会があったら一言謝っといてください。信頼関係が大事ですから。

記者 はい。それにしてもずいぶん髪が伸びた。

白石 拘置所とか留置場、入ったことあります? 寒いんですよ。坊主なんかにしてたら死にますよ。留置の時のことを言うとね、空調がすごいんです。夏は22度のクーラー、冬は28度の送風。私は今部屋に帰ったら長袖とか着ますよ。何か悪さをして、こういうところに入ったら、白石がそんなこと言ってたなって実感すると思いますよ(笑い)

記者 いろいろ聞かれてきたと思うが、今の心境は?

白石 あー、そこは有料コンテンツかなあ(笑い)。信頼関係できたら答えてもいいですけどね。

記者 差し入れという意味で?

白石 そうそう。

記者 事件のことはNG?

白石 そうですねー、やっぱりそこは。こっちもお金とかお菓子とかほしいんで。

記者 なるほど。随分体つきが変わったようだが?

白石 気づきました? それを言われるのが一番うれしい。今めっちゃ筋トレしてるんですよ。「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」って本を読んで、やってるんですよ。なんでって、今の生活って、起きて、飯食って、また飯食って、また飯食って寝る。その間は本当に自由でヒマなんですよ。だから体を鍛えてるんですよ。

記者 ほかには?

白石 写経もめっちゃしてます。般若心経とか。

記者 なぜ写経を?

白石 だからヒマなんですよ。ほんと、どうやって時間つぶそうかって、だから筋トレやるか、ひたすら写経するか、です。あと本もめっちゃ読みました。1000冊以上読みました。なんかオススメあります? 差し入れしてくださいよ。

記者 ………。今拘置所にいますけど、後悔とかないのか?

白石 そりゃありますよ。たまに週刊誌の記者とかが雑誌を差し入れしてくれるんですよ。もっと遊びたかったなーとか、グルメのページ見たら、もっとうまいもん食いたかったなーとか、そりゃそこはやっぱり後悔しますよ。

記者 面会に来る記者は多い?

白石 最近はぱったり。8月までは週に1回あるかないか。9月になって記者さんがちらほらきますけど、一般の人は来なくなりましたね。今年の4月くらいまでは来てました。男も女も。男性は「事件のことを教えてください」。女性は「あなたが好きです」とか「結婚してください」とか。結婚してもよかったんですよ。定期的に差し入れや金銭的な支援をしてくれるなら喜んでって感じですよ。でも、来なくなっちゃったんです。多い人で4、5回来てくれたけど、来なくなっちゃいましたね。

記者 もう時間切れ。また来ます。

白石 待ってます。けっこう面会の時間って貴重な気分転換なんですよ。

 ◇ツイッターはめっちゃ便利

 ◇▽19年10月2日(2回目)

続きはこちらで↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00000002-mai-soci

【【座間事件】9人殺害の白石隆浩被告「後悔はある。もっと遊びたかった」  】の続きを読む

1: SQNY ★ 2019/10/24(木) 19:34:16.39 ID:CAP_USER
・Sixteen people are sentenced to death in Bangladesh after a 19-year-old female student was burned alive in revenge for accusing her headmaster of sexual assault

バングラデシュで校長から性的暴行を受け、それを告発したために女子生徒が火炙りにされ数日後に死亡した事件で、16人に死刑判決が下った。

今年4月、ダッカから100マイルの所にある小さな町の学校の屋上で、ヌスラト・ジャハン・ラフィさん(19歳)は縛られた上で灯油をかけられ燃やされた。

校長のSiraj Ud Doulaは、この事件で有罪となった3人の教師のうちの一人だった。
判決を受けた者の中には2人の地元政治家もいた。

検察官は、実行犯がヌスラトさんに校長への苦情を取り下げるよう圧力をかけ、彼女がそれを拒んだため火をつけたと述べた。

実行犯は、彼女を炙り殺して自殺に見せかけるように画策したが、彼女を縛るために使われたスカーフが燃えて彼女の拘束が解け、彼女が体に大火傷を負いながらもその場から助けを求めて走って逃げた事で失敗した。

火がついたまま走って助けを求めて走った彼女は、体全体の80%もの火傷を負って病院に運ばれ、息が途絶えるまでこの犯罪と戦うと誓ったが、5日後に病院で亡くなった。

「バングラデシュの裁きにおいて、何者も殺人の罪からは免れない事を証明するという法の支配があります。」検察官は、判決に従いそう述べた。

彼女の死は人々の怒りの引き金となり、南アジアでの性被害事件が増加しているという事を強調した。
首都ダッカでは抗議者がこの殺人者たちに対して「相応しい刑罰」が与えられるようにとデモを行った。

この殺人事件の後バングラディシュは、性暴行事件を防ぐために約27,000の学校に対策室を設置するよう命じた。

この事件での聴取はわずか62日で、判決まで早急に進められた。

(画像)
no title

no title


 09:07 BST 24 Oct 2019 Daily Mail
https://www.dailymail.co.uk/news/article-7608197/16-sentenced-death-Bangladesh-student-19-burned-alive.html

【女子生徒が校長から性的暴行を受け告発の撤回を断って縛られ炙り殺された事件で校長を含む16人に死刑判決】の続きを読む

動画配信のイラスト

1: 記憶たどり。 ★ 2019/10/17(木) 12:56:12.50 ID:oPnwtYb59
https://this.kiji.is/557410340918953057?c=39550187727945729

神奈川県警加賀町署は17日、傷害の疑いで横浜市鶴見区、無職須田昇太容疑者(34)を逮捕した。
インターネットに投稿した動画を巡ってトラブルになった無職男性(51)を暴行し、
一部始終をスマートフォンでライブ配信していたという。

逮捕容疑は8月10日午後7時5分ごろ、横浜市中区の歩道上で、男性を蹴るなどの暴行を加え、
左腕骨折のけがを負わせた疑い。

署によると、2人はそれぞれ投稿サイトに自ら撮影した動画を公開し、広告収入を得ていたとみられる。
6月ごろからネット上で互いの動画を批判し合っていたといい、詳しい経緯を調べている。

【ネットに投稿した動画を巡ってトラブルになった相手を暴行し、その様子をライブ配信した34歳無職男を逮捕。横浜市 】の続きを読む

    このページのトップヘ