宇宙

1: (*゚ー゚)(みょ) [MX] 2023/11/21(火) 16:47:23.10 ID:fl1la4BY0 BE:595582602-2BP(3745)
 
天文学者チームが米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡で太陽系外惑星を観測した結果、地球とほぼ同じ大きさであることが判明した。だが、表面が岩石質で、表面重力もほぼ等しいものの、表面温度が約260度もあるため、地球と似た環境ではないと考えられる。NASAによれば、ピザ用のオーブンを上回る温度だという。

NASAによると、系外惑星は検出が始まった1990年代以降で5000個以上見つかっており、太陽系が属する天の川銀河(銀河系)には1000億個存在すると推定されている。
近くにある地球サイズの岩石惑星
今回の系外惑星「LTT 1445Ac」は、エリダヌス座の方向わずか22光年の距離にある。NASAによると、太陽に比べてはるかに小さく、温度が低い赤色矮星を3.1日の周期で公転している。赤色矮星は銀河系の恒星全体の約70%を占めている。だが、今回の主星は三重連星系内にあり、接近した軌道を周回する2つの赤色矮星を伴っている。
https://forbesjapan.com/articles/detail/67425

【わずか22光年先の三重連星系内に地球型惑星を発見。始まったな】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2023/10/21(土) 10:48:45.07 ID:i/oPs/C70● BE:866556825-PLT(21500)
星を真っ二つに切り裂く「プラズマブレード」を示唆する論文が発表される

https://gigazine.net/news/20231019-star-bisected-by-relativistic-blades/


no title


巨大な星が寿命を迎えて死んでしまう際に大量の放射線を爆発的に放出する現象が「ガンマ線バースト」です。ニューヨーク大学の研究者がある種のガンマ線バーストについて、星すら真っ二つにしてしまう「プラズマブレード」の放出で説明できる可能性を示唆しました。

ガンマ線バーストは天体がガンマ線を数秒から数時間にわたって勢いよく放出する現象で、瞬間的に消滅するものもあれば、比較的長時間続くものもあるとのこと。ガンマ線バーストがどういうメカニズムで発生するかについてははっきりとわかっていませんが、ガンマ線バーストを引き起こすには大量のエネルギーが必要であるため、超大質量の恒星が極超新星となる時に爆発を引き起こしてブラックホールを形成する際に起こるのではないかと考えられています。

ニューヨーク大学宇宙論・素粒子物理学センターの研究チームは、未査読論文リポジトリであるarXivに掲載した論文で、「比較的長時間継続するガンマ線バーストは、中性子星の形成時に発生する可能性がある」と主張しています。

巨大な恒星が重力崩壊によって超新星爆発を引き起こし、天体の中心核が圧縮された結果、中性子星という天体に進化することがあります。中性子星は直径数十kmで超高密度・大質量を持つ天体なのですが、時に急速な圧縮と回転によって非常に強い磁場を得ることがあります。この強い磁場を得た中性子星はマグネターと呼ばれています。

これまでは、このマグネターの磁場によって周囲にある星の残りかすが引き寄せられ、強力な放射線と磁場によってプラズマジェットがマグネターの自転軸に沿って形成されるといわれていました。しかし、研究チームは、マグネターの磁気遠心力によって赤道沿いにプラズマがバースト照射される可能性も指摘しています。

このバースト照射は星の外側に向かって進むプラズマブレードとなり、超新星爆発よりも大きなエネルギーを放出するとのこと。さらにこのブレードは高密度の恒星を完全に真っ二つにしてしまうほどの威力を持っているそうです。

このプラズマブレードは星の半径の数倍以上の距離を移動した後にようやく勢いを失って消滅するとのことで、これこそが比較的長時間続くガンマ線バーストの正体ではないかと研究チームは推測しています。

研究チームは次の課題として、星を切り裂きながら放出されたプラズマブレードがどのように消滅していくのか、そしてプラズマブレードを放出したマグネターがどのように変わっていくのかについての正確な研究を挙げています。

【レーザーブレードより強い。星も真っ二つ切り裂くプラズマブレードとは。頭の中で渡辺宙明が止まらない】の続きを読む

1: インターフェロンβ(宮崎県) [US] 2023/09/01(金) 07:32:31.50 ID:WzXXYxKW0● BE:512899213-PLT(27000)
■プログラマーが不在の「デジタル宇宙」
 スウェーデンの哲学者、ニック・ボストロムによって提唱された「シミュレーション仮説」はわれわれはコンピュータシミュレーションの中に生きているという理論である。

 この「ミュレーション仮説」の視点に立てば、宇宙はすべて何者かによって意図的に構築されたものであり、ある種の壮大な実験としてなのか、あるいは一種のゲームとしてなのか、いずれにしてもそこでは高度な知性を備えた宇宙人のプログラマーが信じがたいほど複雑な取り組みを行っていることになる。

 その一方で、宇宙はコンピュータアルゴリズムではあるものの、そこに“プログラマー”は不在であり、自然に生じたものであるというのが「デジタル宇宙(digital universe)」の考え方だ。

 サイエンスライターのデイビット・チャンドラー氏が先日に科学誌「Nature」に寄稿したエッセイによれば、今年6月に亡くなった物理学者、エドワード・フレドキン氏は宇宙全体を実際には一種のコンピュータとみなすことができると結論に達していたと説明している。

「彼の見解では、それは“セルオートマトン(cellular automaton)”でした。周囲のセルの状態によって決定される、定義された一連のルールに従って状態を反転できる計算ビット、つまりセルの集合です。時間が経つにつれてこれらの単純な規則は、宇宙のあらゆる複雑さを、さらには生命を生み出す可能性があります」(チャンドラー氏)

 この概念の支持者によれば、従来の物理方程式はコンピュータ言語に置き換えることができ、物理法則と宇宙の構造は、複雑なコンピュータアルゴリズムの結果である可能性が指摘されている。

 もちろんこのような革新的なコンセプトにはさらなる研究と検証が必要だ。

「デジタル宇宙の基本的なアイデアはテスト可能かもしれません。宇宙が小さなプランクスケール(現在の物理理論が崩壊すると予想されるスケール)のデータビットのシステムによって生成されたとすれば、空間と時間は離散的で量子化された実体で構成されていなければなりません」とMITの機械エンジニアであり、1993年に量子コンピュータの最初の実現可能な概念を開発したセス・ロイド氏は語る。

https://tocana.jp/2023/09/post_255680_entry.html

【宇宙は巨大な量子コンピュータ!? プログラマー不在の「デジタル宇宙」とは?】の続きを読む

1: パリビズマブ(国際宇宙ステーション) [US] 2023/09/19(火) 17:21:47.85 ID:PgwV/f8e0 BE:659060378-2BP(7000)
宇宙はどうもやっぱりホログラムらしい

やっぱりホログラフィック宇宙論が有力になってきているらしい。

「そんな馬鹿な」と直感的には思うかもしれないが、
そもそも今の宇宙論は直感に反すること、
たとえば多世界解釈や確率雲といったことがなければ
説明できないレベルまで来てしまっている。

我々は、いわばDVDの映画の登場人物だ。

すべての感覚はあり、すべての実感はあるが、
現実の宇宙は平面に記述された情報にすぎない。
全ての本質は情報にあり、
エネルギーと物質は副次的なものであるという考え方だ。

画像
no title


京都大学
https://news.mynavi....le/20220725-2408018/

【我々と宇宙はホログラムだと判明 平面の円盤に記述されたデータにすぎない】の続きを読む

1: パスツーレラ(SB-iPhone) [IT] 2023/08/03(木) 08:06:01.45 ID:ebqucfpN0 BE:659060378-2BP(7000)

【火星の地上を撮影 風の音が聴こえる 住めるぞ(動画あり)】の続きを読む

1: 木星(秋田県) [US] 2023/06/19(月) 17:44:05.76 ID:B4LwZU4a0● BE:194767121-PLT(13001)
マツコ どこでもドアで行きたい“特殊すぎる”場所「どこが一番目に優しい場所なのか」
https://news.yahoo.co.jp/articles/e1e01351ff871e9f865633de0a42d06aecd17a1e

【ワープをすると高速移動の大気との摩擦熱で体が溶けるらしいな】の続きを読む

1: チェーン攻撃(東京都) [ニダ] 2023/05/24(水) 07:01:16.33 ID:VyVcS0zA0● BE:866556825-PLT(21500)


北斗七星の近くに超新星出現、日本のアマチュア天文家が発見
https://news.yahoo.co.jp/articles/7dff73ae2a360fe0d8d7316472d7c29b97a97474

世界中の天文家が、遠く彼方にある銀河に現れた新たな光を検出した結果、それが巨大な恒星が超新星として爆発したものであることが明らかになった。

ハッブル宇宙望遠鏡は米国時間5月22日午前に調査を開始した。

国際天文学連合(IAU)がSN 2023ixfと命名したその天体は「M101」、別名Pinwheel Galaxy(風車銀河)と呼ばれるおおぐま座の中にあるフェイスオン(地球とほぼ正対している)渦巻銀河の中にある。おおぐま座には北斗七星もある。

2023年5月19日、山形県の著名な超新星ハンター板垣公一氏が撮影したのこの画像で最初に発見され、翌日カリフォルニア州ツビッキー掃天観測所(ZTF)の望遠鏡によってSN 2023ixfの存在が確認された。

それ以降、世界中のアマチュア天文家が撮影した多数の画像がSNSに投稿された。

SN 2023ixfは、地球から約2100万光年の距離にあり、2014に見つかった葉巻銀河(M82)の中のSN 2014Jに次いで太陽系に近い超新星で、北斗七星にも近い。M101では2011年に超新星SN 2011feも発見されている。

SN 2023ixfはほぼ12等級だが、明るくなり続けている。小型の天体望遠鏡でも見ることが可能で、今後、数日かけて明るくなっていき、数カ月間は望遠鏡で観測可能だとラスクンブレス天文台の天文学者アンディ・ハウェルは説明する。

【天を見よ!見えるはずだあの死兆星が!北斗七星のそばに超新星現る!】の続きを読む

1: コアラのワルツちゃん(SB-iPhone) [US] 2023/04/04(火) 18:43:33.61 ID:z8I0ty860● BE:659060378-2BP(8000)
地球から135億光年離れた銀河の候補を観測したと、
東京大や早稲田大などの研究チームが7日発表した。
これまでの最遠方記録より1億光年遠く、
初期宇宙の成り立ちなどの解明につながる可能性があるという。
論文が科学誌アストロフィジカル・ジャーナルに掲載される。

135億年の銀河
no title

地球
no title

ボリビア ウユニ塩湖
no title

2
no title

アンドロメダ銀河
no title


https://www.yomiuri.co.jp/science/20220407-OYT1T50225/

【135億年前の銀河を発見 地球のある銀河も探索できずに人類滅亡 アンドロメダ銀河に行けない 東大】の続きを読む

    このページのトップヘ