自然

1: バラシクロビル(SB-iPhone) [US] 2021/09/02(木) 08:53:59.99 ID:ccQwEfm70● BE:144189134-2BP(2000)
画像
no title

2
no title

3
no title

4
no title

5
no title

6
no title

【日本の風景 外国人に人気 話題に(画像あり)】の続きを読む

1: セイチャン(愛知県) [DE] 2021/04/24(土) 19:35:52.67 ID:IRJg3z5R0● BE:156193805-PLT(16500)
ウユニ塩湖に行かなくても、ウユニ塩湖みたいな写真撮り放題です
https://www.gizmodo.jp/2021/04/gizmon-uyuni-mirror.html

ウユニ塩湖が多少ゲシュタルト崩壊している。

南米はボリビアにあるウユニ塩湖といえば、奇跡の絶景と言われているめちゃくちゃ写真映えするスポット。
湖面が美しく、まるで鏡張りの床の上で撮影したかのように、上下対称の写真が撮れるんです。
一度は行ってみたい。そして写真を撮ってみたい。
no title


でも、ウユニ塩湖に行くのは結構たいへん。こんなご時世ですし。
そこで日本で、いや、ご近所散歩でウユニ塩湖のような写真が撮れるグッズをご紹介。
「GIZMON Uyuni Mirror」です。ネーミングがそのものズバリ。
no title


これ、スマホに取り付ける鏡です。
つまり、レンズの下側にこれを取り付けると、上下対称の写真が撮れるようになるというもの。
スマホは縦でも横でもOK。幅広い機種に対応しています。三脚使用もOKです。
no title


作例見てみましょうか。
no title

no title

no title

no title


わお、ウユニ塩湖!
まあ、自分で手鏡用意すれば同じようなことができるんでしょうが、スマホに固定できるというのがいいですね。
これでもう、ボリビアまで行く旅費が浮きました。

お値段は税込9,800円。ご近所でウユニ塩湖気分味わいましょう。

【ウユニ塩湖の魅力】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2020/07/22(水) 04:31:23.67 ID:/CqhW6Gu0

【【悲報】雷、やっぱり直撃したらヤバすぎる】の続きを読む

1: 魔神風車固め(SB-Android) [ニダ] 2020/05/21(木) 05:02:20.16 ID:oS7RaT9u0● BE:866556825-2BP(4000)
https://article.yahoo.co.jp/detail/6e405e09e358ce5cf208f840b1ae423ff1ed4f01
絵じゃないのか...(画像はやまね こーへい(@kohei_611
思わず「絵じゃないの!?」と目を疑ってしまう写真が、ツイッターで話題を呼んでいる。


こちらはツイッターユーザーの「やまね こーへい」さんが2020年5月18日に投稿した画像である。

油絵の具を使って描いた絵のような青空と雲。川沿いの木々も色鮮やかで、世界遺産に登録されている原爆ドームが見える。

とっても素敵な風景画と言われれば、そうだなと頷ける1枚である。だが投稿者のやまねさんは、ツイッターでこの画像を、

「絵のような広島の街」

と紹介している。撮影場所は、もちろん広島。こちらは、本通りを撮影した1枚である。


本通り

絵ではないのなら、どうやって撮影したのだろうか。この光景を見た他の人達からも、ツイッターに

「パッと見て、マジに絵に見えました」
「絵じゃないんですか?」
「何と言うアプリで撮影してますか?」

といった反応が寄せられている。また映画「君の名は。」などで知られる新海誠監督の作画に見えるという人も。

「編集がとても重要で...」
Jタウンネット20日、撮影者のやまねさんに詳しい話を聞いた。

20代男性だという彼は、生まれたときから広島暮らしの大学院生。驚いたことに、本格的に写真を撮り始めたのはおよそ1年前からで、技術は独学で身につけたという。

「機材はミラーレス一眼を使っていますが、スマホで撮ることもあります。
この写真は編集がとても重要で、Photoshopというソフトを使って絵のように加工しています。元の写真とは全く別物になっています」

【まるで新海誠!風景画にしか見えない広島の写真が話題に。撮影者「Photoshopというアプリで」】の続きを読む

1: バーニングハンマー(愛媛県) [US] 2020/05/11(月) 12:46:50.14 ID:7LwooqNW0● BE:135853815-PLT(13000)
雲が鮮やかな虹色に染まる
静岡で「彩雲」が出現

no title


静岡県で鮮やかな虹色に染まる雲が見られました。「彩雲」と呼ばれる現象です。
今日11日(月)の静岡県内は晴れている所が多いものの、風のぶつかり合いで発生した低く、薄い雲が一部に広がっています。袋井市ではこうした雲が太陽を覆ったタイミングで、虹色に彩られました。

https://weathernews.jp/s/topics/202005/110125/

【静岡で「彩雲」出現】の続きを読む

1: キタッピー(埼玉県) [ES] 2020/04/14(火) 10:00:45.68 ID:TvBtIUol0● BE:952977951-2BP(2000)
■今朝は富士山の雪増量 青空とのコントラストくっきり

今朝は静岡市周辺では弱い雨が降りましたが、その雨も止み、天気が回復していきます。
そのほかのところでも、スッキリと晴れるため真っ白になった富士山を見ることができます。

 強い風もだんだんと収まっていくので、富士山の山頂付近に見られていた雪煙も落ち着きそうです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200414-00014585-weather-soci

no title

【本日の富士山をご覧ください。。】の続きを読む

1: SQNY ★ 2020/04/11(土) 16:35:17.78 ID:CAP_USER
・Towering sight: The incredible 1,200ft-tall needle-shaped rock that rises out of snake-infested jungle on a Lost World island

アフリカの西の沿岸にある楽園、サントメプリンシペのサントメ島から見えるロラス島には、ピコ・カン・グランデと呼ばれる標高1,200フィートの岩山がある。

登ってみたいと思いますか?ご武運を祈ります。それは技術的に非常に難しい。
御覧の通りの目が飛び出るような画像が物語っている。この頂に達することができた稀な命知らず達は、道中何度もヘビに噛まれ、湿った苔が生した岩肌と戦った。

このピコ・カン・グランデを生んだサントメ島は、島全体が大西洋の底から突き出したひとつの大きな楯状火山だ。
最後に噴火したのは10万年以上前である。

サントメ島はプリンシペ島とふたつ併せて一つの国、サントメプリンシペ民主共和国となっており、ガボンの首都のリーブルビルの海岸から約200マイル沖に位置する。

この島々は、ジャングルと自然のままのビーチがあり、旅に出たいと強く望む旅行者たちにとっての避難場所と言える。

動画:https://youtu.be/XqFKAab-OvA



(画像)
no title

no title

no title

no title

no title


12:19 BST, 10 April 2020 Daily Mail
https://www.dailymail.co.uk/travel/travel_news/article-8207879/Behold-Pico-Cao-Grande-needle-shaped-rock-rises-jungle-island-Sao-Tome.html

【【サントメ・プリンシペ】生い茂るジャングルからそびえ立つとても印象的な巨大な岩山をご覧下さい】の続きを読む

1: エトラビリン(愛知県) [US] 2020/03/05(木) 21:28:42.42 ID:ak+Gaage0● BE:896590257-PLT(21003)
第1回 京王フォトコンテスト 入賞作品が決定しました!
~あなたの見つけた京王線・井の頭線沿線の自然や街並み~3月1 7日(火)から展示会を実施
2020年3月5日 18時05分

京王電鉄株式会社では、「第1回 京王フォトコンテスト」の入賞作品を決定しました。このコンテストは、京王線・井の頭線沿線の魅力を広く伝えるために、
四季の移り変わりを感じられる風景(自然や街並み)、旧跡、祭事などの写真を募集し、応募総数1,475点の中から入賞作品11点を選定しました。
入賞作品の展示会を3月17日(火)から京王プラザホテル新宿、4月29日(水・祝)から京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターにて開催します。
また、3月17日(火)10時から京王ホームページにて入賞作品を公開します。(予定)

(1)グランプリ
「秋色の屋根」高幡不動尊(日野市)
no title


(2)準グランプリ(2作品)
「雨あがり」高尾山(八王子市)
no title

「光のミュージック」多摩川(調布市)
no title


https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000425.000022856.html

【京王フォトコンテストグランプリ作品の良さがわからない件】の続きを読む

    このページのトップヘ